セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】
【特典:アーカイブ付(1週間視聴OK)】

1日速習!よくわかる、
半導体洗浄の基礎と要点、困ったときの対策

■洗浄する目的は何か?■
■洗うとは如何なることか? 何のためか?■
■「清浄・きれい」とは何なのか?■

このセミナーは、Zoomによる【Live配信受講】に加えて、
【アーカイブ(視聴期間8/26~9/1まで)】も付いていますので、繰り返しの視聴学習が可能です。
(※アーカイブは原則編集は行いません。Zoomの録画をご視聴いただけます。)
★ 半導体以外の洗浄をしている技術者にも参考になるセミナーです。
日時 2022年8月25日(木)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
講師 横浜国立大学 名誉教授
反応装置工学ラボ・代表 羽深 等 氏

【主な経歴】
新潟大学理学部化学科 理学士(1979年3月)
京都大学大学院理学研究科化学専攻 理学修士(1981年3月)
広島大学大学院工学研究科 博士(工学)(1996年9月)
信越化学工業株式会社 1981年4月~2000年3月
横浜国立大学工学部物質工学科 助教授 2000年4月~2002年3月
横浜国立大学大学院工学研究院 教授 2002年4月~2022年3月
横浜国立大学名誉教授 2022年4月~
反応装置工学ラボ 代表 2022年4月~
【研究分野】
半導体結晶製造プロセスの化学工学(実験と解析)
半導体シリコンウエハ湿式洗浄装置(枚葉式・バッチ式)の解析・設計
半導体シリコンと炭化珪素の薄膜成長(CVD, PECVD)・エッチング・装置クリーニングのプロセス開発と解析
半導体シリコン表面の分子吸着・脱離挙動の測定と解析
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-mail案内登録必須​/1名あたり定価半額24,750円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:39,600円/E-mail案内登録価格 37,620円 )

 定価:本体36,000円+税3,600円
 E-mail案内登録価格:本体34,200円+税3,420円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料PDFデータ(印刷可/編集は不可)
※PDFデータは、セミナー開催日の2日前を目安にマイページからダウンロード可能になります。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
■最近よくあるお問い合わせ■
1.受講中の、カメラのON/OFF、マイクのON/OFFについて。
  → カメラは任意です、カメラが付いていなくても受講できます(OFFで構いません)。
  → 講義中はマイクOFF(ミュート)にしてください。質疑応答は、音声/チャット どちらでも質問ができます。
2.他の受講者に、所属を知られたくない。
  → Zoom入室の際、会社名を入れる必要はありません。名字(出席確認のため)だけで結構です。
3.開催日までに振込み(入金)が間に合わない。
  → 受講後でも構いません。お申込み時に振込み予定日を記入いただくか、決まり次第のご連絡で構いません。
備考※資料付 
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。

セミナー趣旨

 半導体洗浄が直感で分かることを目指して、基礎現象・要点から困った時の対策まで1日で説明します。半導体にとって「清浄・きれい」とは何か?を改めて考え、水の流れを動画で眺めると、洗浄では何をしていて、何をどうしたら良いのかが感じ取れます。
 ここでは、身近な流れの動画を見て感覚をつかみ、枚葉式洗浄機とバッチ式洗浄機の流れを可視化観察動画と計算例で理解します。超音波の効果についても流れと気泡の動画を見るとイメージが湧きます。終わりには、足元をすくわれた時の視点と対策を紹介して締め括ります。工学の初歩から応用のつながりまで説明しますので、半導体以外の洗浄や洗浄以外のプロセス技術者にも参考になります。

セミナー講演内容

<得られる知識、技術>
・先端材料の洗浄方法を構成する要素
・目的に合わせた「清浄」の定義
・キレイにするための表面の取扱い
・流れの使い方・作り方
・生産プロセスに共通して潜在する工学現象(流れ・気泡などの動きと設計)

<プログラム>
1.洗う理由:汚れは何?いつ、どこからなぜやって来る?

2.一般の洗浄
  (洗浄の4要素:温度、時間、化学、力学)

3.半導体の洗浄に特有のこと
  (何故、そこまでして洗うのか)

4.先端技術情報
  (半導体洗浄を取扱っている国際学会・国内学会)

5.半導体洗浄の基礎現象
  (薬液と流れの効果)
 5.1 表面の現象とプロセス
   (付着・脱離・引き剥がす・乾かす)
 5.2 流れ、熱、拡散、反応
   (洗う=汚れを動かす操作)
 5.3 装置内流れの種類
   (完全混合、押出流れ、境界層)
 5.4 流れの可視化観察
   (「流れ」と「拡散」の感覚を動画で)

6.洗浄機内の流れと反応
 6.1 枚葉式洗浄機

  6.1.1 水の流れ(観察動画と計算例)
  6.1.2 化学反応の例(表面反応もここまで分かる)
 6.2 バッチ式洗浄機
  6.2.1 水の流れ(観察動画と計算例)
  6.2.2 水流を最適化(入口と出口で変わる)
 6.3 超音波の働き、水と気泡の動き(観察動画)

7.まとめ:困った時の視点と対策(境界層を壊そう!)


  □質疑応答□