セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live配信(リアルタイム配信)】
有機フッ素化合物(PFAS)の
日米欧における規制の最新動向と対策展望

【アーカイブ配信付き】

PFOS・PFOAにPFHxSなど、近年欧米を中心に急速に規制強化の動きが進むPFASの規制動向と今後の展望を解説!
POPs条約の概要から欧州POPsにREACH、米国のPFAS戦略、そしてフォーエバーケミカルとも呼ばる残留性、生物蓄積性、有害性等にも触れていきます。
日時 2022年7月27日(水)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の22,000円)

【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 
1名申込みの場合:35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 )
   定価:本体32,000円+税3,200円
   E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
特典アーカイブ(見逃し)配信付き
 視聴期間:終了翌営業日から7日間[7/28~8/3]を予定
 ※アーカイブは原則として編集は行いません
 ※視聴準備が整い次第、担当から視聴開始のメールご連絡をいたします。
 (開催終了後にマイページでご案内するZoomの録画視聴用リンクからご視聴いただきます)
配布資料・PDFテキスト(印刷可)のみ
オンライン配信●ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認 (申込み前に必ずご確認ください)
●セミナー視聴・資料ダウンロードはマイページから
お申し込み後、マイページの「セミナー資料ダウンロード/映像視聴ページ」に
お申込み済みのセミナー一覧が表示されますので、該当セミナーをクリックしてください。
開催日の【営業日2日前】より視聴用リンクと配布用資料のダウンロードリンクが表示されます。
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
更新情報:講師所属を更新しました(7/1更新)
 
得られる知識
・日米欧におけるPFAS規制動向の最新情報
・規制根拠となった評価内容についての基礎知識
・PFASに関する基本情報
・PFAS規制動向収集のための主な情報源
 
受講対象
法規制対応、化学物質管理ご担当者様など

セミナー講師

(一財)化学物質評価研究機構 化学物質安全センター営業企画部 関沢 舞 氏
【専門】有害性/リスク評価、化学物質規制等に関する調査・研究、コンサルティング業務
関連活動:経済産業省POPs条約対応委託業務実施、PFAS規制動向セミナー、執筆実施

セミナー趣旨

 有機フッ素化合物(PFAS;ペル/ポリフルオロアルキル化合物)はその優れた特性から様々な用途に用いられています。しかし、ペルフルオロオクタン酸(PFOA)及びペルフルオロアルキルスルホン酸(PFOS)の生物蓄積性や有害性がクローズアップされるようになり、近年フォーエバーケミカルとも呼ばれ、欧米を中心にPFASの規制強化の動きが急速に進んでいます。日本でも2021年4月にPFOAとその塩が化学物質審査規制法(化審法)の第一種特定化学物質に指定されました。
 本講座では、欧米を中心としたPFAS規制動向について解説するとともに、なぜPFASが規制対象物質となるのか、規制の根拠となった残留性、生物蓄積性、有害性等の評価内容についても分かりやすく解説します。また、PFASの規制動向に関する情報収集に役立つサイト等もご紹介します。

セミナー講演内容

1.主な有機フッ素化合物(PFAS)の基本情報

2.残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約(POPs条約)

 2.1 POPs条約の概要
 2.2 POPs条約おけるPFASの動向
 2.3 POPs条約におけるその他の産業化学物質の動向

3.欧州POPs規則と欧州REACH規則におけるPFASの規制/評価動向
 3.1 PFOSとその塩及びPFOS関連物質
 3.2 PFOAとその塩及びPFOA関連物質
 3.3 PFHxSとその塩及び関連物質
 3.3 長鎖(C9-C14)のPFCA
 3.4 PFHxAとその塩及び関連物質
 3.5 PFBSとその塩
 3.6 5ヵ国によるPFAS制限提案
 3.7 泡消火剤でのPFAS使用制限提案
 3.8 PFOA代替品の規制/評価動向

4.欧州における持続可能性のための化学物質戦略
 4.1 概要
 4.2 PFAS規制のための必須用途概念の導入
 4.3 PMT/vPvMのクライテリア導入に向けた動き

5.米国におけるPFASの規制等
 5.1 PFASアクションプラン
 5.2 PFAS戦略ロードマップ

6.日本におけるPFASの規制動向
 6.1 PFOSとその塩及びPFOSF
 6.2 PFOAとその塩及びPFOA関連物質

7.PFAS規制動向に関する主な情報源

8.まとめ


  □質疑応答□

【キーワード】PFAS、PFOA、PFOS、POPs条約、REACH規則