セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live配信(リアルタイム配信)】
Beyond5G/6G に向けて!
テラヘルツ通信に必要なデバイス材料・システム技術と
国内外の実用化および標準化動向

【アーカイブ配信付き】

― Beyond5G/6Gに向けた議論はもう始まっている ―

Beyond5G/6Gに向けた国際的な動向とは? 
6G実現のための要素技術とは? 

5Gの次を見据えた動向把握・情報収集に、そして
6Gで注目を集めるテラヘルツ通信の参入調査に おススメのセミナーです

【キーワード】テラヘルツ、ミリ波、光、通信、センシング、計測
日時 2021年12月13日(月)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の22,000円)

【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 
1名申込みの場合:35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 )
   定価:本体32,000円+税3,200円
   E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
特典アーカイブ(見逃し)配信付き:
 視聴期間:終了翌営業日から7日間[12/14~12/20]を予定
 ※アーカイブは原則として編集は行いません
配布資料・PDFテキスト(印刷可)のみ
オンライン配信●ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認 (申込み前に必ずご確認ください)
●セミナー視聴・資料ダウンロードはマイページから
お申し込み後、マイページの「セミナー資料ダウンロード/映像視聴ページ」に
お申込み済みのセミナー一覧が表示されますので、該当セミナーをクリックしてください。
開催日の【営業日2日前】より視聴用リンクと配布用資料のダウンロードリンクが表示されます。
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
 
得られる知識
Beyond5G/6Gで必要とされる新たなハードウエア技術、特にテラヘルツ技術についての基礎知識と最新動向
 
受講対象
Beyond5G/6Gに向けた国際的な動きに興味がある方。新たにテラヘルツ研究に参入しようとされている方。

セミナー講師

早稲田大学 理工学術院 基幹理工学部 電子物理システム学科 博士(工学) 教授 川西 哲也 氏

【専門】光無線融合システム、ミリ波・テラヘルツ、光通信デバイス 【研究室web
総務省 異能vation スーパーバイザー (2014-) 
総務省 情報通信審議会 情報通信技術分科会 陸上無線通信委員会 気象レーダー作業班 班長 (2017-)
総務省 情報通信審議会 情報通信技術分科会 ITU-R部会 地上業務委員会 陸上移動ワーキンググループ 構成員 (2016-)
総務省 電波政策2020懇談会 サービスワーキンググループ ワイヤレスビジネスタスクフォース 構成員 (2016)
経済産業省 グローバル・ネットワーク協議会 グローバルコーディネーター (2016-2019)
IEEE Photonics Society 理事 (2016-2019)
APT Wireless Group (AWG) 固定無線・地上設置レーダータスクグループ議長 (2013-)

セミナー趣旨

 5Gのサービスが端緒についたばかりですが、すでにBeyond 5Gや6Gに向けた議論が国内外ではじまっています。5Gでは新たにミリ波通信が導入され、5Gを特徴づけるハードウエア技術として位置づけられています。6Gではさらに高い周波数であるテラヘルツ波が注目を集めています。本セミナーではBeyond5G/6Gに向けた国内外の動き、ネットワークの基本構成・原理から、最新のテラヘルツ通信研究の概要、さらには実用化に向けて必要となるデバイス・材料・システム技術について解説します。

セミナー講演内容

1.Beyond 5Gをめぐる海外動向と日本の立ち位置
 ・国内外のネットワーク特徴と今後の予測
 ・ 欧米・国内研究動向
 
2.6G-次世代通信技術-
 2.1 6Gへの期待
 2.2 6G実現への課題
 2.3 6G実現のための要素技術
   ・テラヘルツ・ミリ波の開拓
   ・新たな光通信帯域
 
3.通信システムの概要
 3.1 通信ネットワークの発展
 3.2 多重化と多値化
 3.3 各電波帯域の特徴
 
4.デバイス・材料の発展
 4.1 電子デバイス・光デバイスの高速化
 4.2 テラヘルツデバイス・材料
 4.3 新たな計測技術
    
5.最新のテラヘルツ通信研究動向
 5.1 テラヘルツ通信の応用分野
 5.2 300/500GHz伝送システムの設計例
 5.3 テラヘルツ帯における電波干渉
 5.4 テラヘルツデバイスの研究動向
 5.5 テラヘルツ帯の国際標準化
 
6.テラヘルツ通信に関連する研究プロジェクトの例
 6.1 国際共同研究
 6.2 身近なデバイスをつなぐ高速伝送
 6.3 成層圏をつなぐ長距離通信
 6.4 光・テラヘルツ融合ネットワーク

 □質疑応答□