セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live配信(リアルタイム配信)】 
金属材料等の
ポストコンシューマリサイクル高度化に向けた
分離(選別)技術の基礎と
都市鉱山開発の未来課題

~金属・素材資源循環のために~

廃製品を各種再生原料にするためのカギとなる選別技術について、基本的な考え方から解説。
レアメタルの供給不安と対策についてや、情報利用とAI化による無人選別工場の開発についても言及。
廃製品中の有用金属資源を鉱山に見立てた「都市鉱山」開発にご関心をお持ちの方にもオススメです。

【キーワード】資源循環、都市鉱山、物理選別、金属、レアメタル、プラスチック、再資源化
日時 2021年12月16日(木)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の24,750円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 
1名申込みの場合:受講料 35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 )
   定価:本体32,000円+税3,200円
   E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
配布資料・PDFテキスト(印刷可)のみ
オンライン配信・ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)

セミナー視聴・資料ダウンロードはマイページから
お申し込み後、マイページの「セミナー資料ダウンロード/映像視聴ページ」に
お申込み済みのセミナー一覧が表示されますので、該当セミナーをクリックしてください。
開催日の【営業日2日前】より視聴用リンクと配布用資料のダウンロードリンクが表示されます。
備考※開催当日のご都合がつかない場合はご相談下さい。
※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。

セミナー講師

(国研)産業技術総合研究所 環境創生研究部門 副研究部門長 博士(工学) 大木 達也 氏
【専門】都市鉱山開発工学、資源処理工学 【紹介
・2014~ SUREコンソーシアム会長 【web

セミナー趣旨

 環境負荷を低減しつつ持続可能な社会を構築するには、金属・素材の安定供給を確保する資源循環が欠かせない。これには、廃製品に対するポストコンシューマリサイクルの高度化を果たすことが必要である。廃製品を各種再生原料にするためには、安価に高濃縮することが必要であり、選別技術の成否が資源循環のカギとなる。
 本講では、専門知識のない受講者に対して選別技術の基本的な考え方を、今後、資源循環開発に携わる受講者に対して将来の技術課題をお伝えし、金属・素材の資源循環実現に向けた技術開発の役割と在り方を展望する。

セミナー講演内容

1. 環境対応技術と金属・素材資源の安定供給 ― 質のリサイクルに向けて ―

2. 省エネ・低コストにエントロピーの縮小を図る ― 物理選別の役割 ―

 2.1 エントロピーをどう縮小するかを考える

3. 物理選別工程の戦略的取組み ― 試料調整 ―
 3.1 まずは単体分離させる
 3.2 粉砕(単体分離)工程は細粒化工程にあらず

4. 物理選別工程の戦略的取組み ― 万能な選別機は存在しない ―
 4.1 選別技術全体の特徴を捉える

5. 物理選別工程の戦略的取組み ― 工程のからくりを理解する ―
 5.1 単体分離工程と選別工程は掛け算的に考える
 5.2 選別結果~数字のトリックを見破る~
 5.3 物理選別の技術開発と新規導入の考え方

6. 都市鉱山開発の課題と教訓 ― 将来に向けた技術開発の難しさ ―
 6.1 廃製品を集めただけではレアメタルは再資源化できない
 6.2 レアメタルの供給不安と対策
 6.3 レアメタルリサイクル~将来需要見込みの難しさ~

7. 金属・素材資源循環に向けて ― 物理選別の開発と普及の鍵 ―
 7.1 将来の社会展開に向けた課題
 7.2 物理選別技術の革新に向けて

8. 情報利用と物理選別の自動化 ― 個別技術から総合システムへ ―
 8.1 情報利用による部品自動選別の先駆け
 8.2 情報利用とAI化による無人選別工場の開発

9. 都市鉱山開発の未来地図 ― 資源循環社会 日本が進むべき道―
 9.1 資源循環社会を推進する都市鉱山開発の拠点整備
 9.2 不確実な未来へ備える

 □質疑応答□