セミナー 印刷

【会場 or Live配信(リアルタイム配信)or アーカイブ配信】
二軸スクリュ押出機を用いた
各種のリアクティブプロセシング技術の基礎と応用

~ポリマーアロイの構造制御や反応押出しの事例とその効率化手法について~

このセミナーは【会場での受講】または【Live配信】または【WEBセミナー(アーカイブ配信:撮影した動画)】
3つのパターンのいずれかでのご受講が可能です。


新規ポリマーアロイの開発、構造制御、化学的改質などなどコンパウンドだけに留まらず
二軸スクリュ押出機を化学反応装置、後処理装置として使いこなすための技術情報を提供!

【キーワード】
リアクティブプロセシング、反応押出し、二軸スクリュ押出機、ミキシングエレメント、スクリュ形状設計、分散混合、分配混合、伸長混合、分子切断、ポリマーブレンド、動的加硫、モルフォロジー制御、グラフト共重合反応、バルク重合、相溶化、界面反応、ナノ分散、滞留時間分布、後処理操作
日時 【会場】 2021年11月30日(火)  11:00~17:00
【Live配信】 2021年11月30日(火)  11:00~17:00
【Webアーカイブ配信】 2021年12月10日(金)  ごろ配信開始予定(視聴可能期間:約10日間)
会場 【会場】 東京・品川区大井町 きゅりあん  4F 第2特別講習室
会場地図
【Live配信】 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
【Webアーカイブ配信】 Webセミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額の24,750円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】

1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )
 定価:本体32,000円+税3,200円 会員:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料・会場受講 :製本テキスト
・Live受講 :製本テキスト(開催日の4,5日前に発送予定※)
・WEB受講:製本テキスト(開催日を目安に発送※)
 ※セミナー資料はお申し込み時にご指定の住所へ発送させていただきます。
オンライン配信Live配信 ►受講方法・視聴環境確認(申込み前に必ずご確認ください)
アーカイブ配信 ►受講方法・視聴環境確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考※資料付、会場受講のみ昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中の会場でのパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
※開催日の概ね1週間前を目安に、会場受講者における最少催行人数に達していない場合、セミナーを延期することがございます。
【会場受講に関するご案内】

本会場の通常定員は36名ですが、本セミナーでは10名前後の定員とさせていただきます。
定員になり次第、会場受講は受付終了とさせていただきますので、お早めにお申込みください。セミナーにおける感染症対策の詳細はコチラをご覧ください。

★会場受講者限定特典★
会場受講者に限り、セミナー終了後は名刺交換も可能でございます。また、本セミナーテーマに関して受講者様がお抱えの具体的な課題など、個別質問への対応のお時間も予定しております。
得られる知識
二軸スクリュ押出機の構造と混練および反応の制御機能との関連、二軸スクリュのミキシングエレメントの使い方、ポリマーアロイの構造形成の機構と制御方法、高機能なポリマーブレンド創製への展開方法、効果的なポリマーの重合操作およびポリマーへの化学改質操作、さらには重合操作後の効果的な後処理など
 
受講対象
主として、プラスチック材料メーカー、各種コンパウンドメーカー、成形加工装置メーカー、プラスチック製品を活用する自動車、家電、包装、建材、医療福祉装置メーカーなどの技術者および研究者を対象に二軸スクリュ押出機を用いたリアクティブプロセシング技術を基礎から応用まで解説する。

セミナー講師

静岡大学 イノベーション社会連携推進機構 客員教授
工学博士(機械工学)・技術士 (化学) 酒井 忠基 氏

【専門】高分子成形加工プロセスと装置およびシステム 【講師紹介

セミナー趣旨

 本講演では二軸スクリュ押出機を反応装置として活用した新規ポリマーアロイの開発、構造制御、ポリマーに対する化学的な改質技術などについて、その基本から適用例に至る総合的な説明を行う。二軸スクリュ押出機を高機能を有する化学反応装置、後処理装置として充分に活用するためには、スクリュ構成などの装置面からのアプローチばかりでなく、材料面との相乗作用をよく理解することが不可欠となる。ここでは二軸スクリュ押出機を用いたリアクティブプロセシング技術に関する基本的な知識の解説に加えて、研究開発および生産現場における具体的な活用事例を取り上げ、それらを効率的に行うための各種の手法について討議する。 

セミナー講演内容

1.リアクティブプロセシング技術の優位点とその適用分野

2.リアクティブプロセシングに用いられる反応/混練装置

3.反応/混練装置として用いられる二軸スクリュ押出機の概要

4.二軸スクリュ押出機における混合/混練の基本概念およびモルフォロジーの形成機構の基礎

5.二軸スクリュの溶融挙動および滞留時間分布とリアクティブプロセシングへの展開

6.リアクティブプロセシングに適用する二軸スクリュの構成とその展開

7.二軸スクリュ押出機におけるモルフォロジーの形成過程の実際

8.リアクティブポリマーブレンドとその適用例

9.リアクティブプロセシング技術を活用した動的加硫プロセスの実際と適用例

10.ナノレベルのモルフォロジーを有するポリマーアロイの形成プロセス

11.二軸スクリュ押出機を用いたポリマーの重合プロセスと後処理操作

12.グラフト共重合などのポリマーに対する化学修飾プロセスと関連する操作


  □質疑応答□ 
  □会場受講者限定:名刺交換&個別質問□
  会場受講者に限り、セミナー終了後は名刺交換も可能でございます。
  また、本セミナーテーマに関して受講者様がお抱えの具体的な課題など、
  個別質問への対応のお時間も予定しております。