セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live配信(リアルタイム配信)】 
最新!アジアのディスプレイ材料・技術
市場動向と産業事情

OLED、QNED、ミニLED、マイクロLED
フレキシブル・フォルダブルディスプレイ、、、etc.
先端ディスプレイのアジア全般の動向を網羅的にわかりやすく解説

【アーカイブ配信付き】

新規ディスプレイの特徴など基礎的な知識から、応用・実用化・製造コスト・市場予測・将来展望まで、
アジアを中心とした国内外の総合的な情報を提供!

日時 2021年10月25日(月)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の22,000円)

【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 
1名申込みの場合:35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 )
   定価:本体32,000円+税3,200円
   E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
特典アーカイブ(見逃し)配信付き:
 視聴期間:終了翌営業日から7日間[10/26~11/1]
 ※アーカイブは原則として編集は行いません
 ※視聴準備が整い次第、担当から視聴開始のメールご連絡をいたします。
 (開催終了後にマイページでご案内するZoomの録画視聴用リンクからご視聴いただきます)
配布資料・PDFテキスト(印刷可)
※PDFテキストはマイページよりダウンロードいただきます。(開催の営業日2日前よりダウンロード可)
オンライン配信・ZoomによるLive配信  ►受講方法・接続確認 (申込み前に必ずご確認ください)
・セミナー視聴・資料ダウンロードはマイページから
お申し込み後、マイページの「セミナー資料ダウンロード/映像視聴ページ」に
お申込み済みのセミナー一覧が表示されますので、該当セミナーをクリックしてください。
開催日の【営業日2日前】より視聴用リンクと配布用資料のダウンロードリンクが表示されます。
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
 
得られる知識
新規のディスプレイの特徴、基本的な技術知識、国内外の実用化の動き、ディスプレイ特徴を活かす応用方法、材料知識、製造方法、製造コスト、今後に大きく伸びるために解決しなければならない課題、液晶や有機ELとの競争や将来のディスプレイの進む方向、国際的な競合、基礎的・総合的な知識。
 
受講対象
新規のディスプレイに関係する材料、部材、パネル製造、セットメーカの
事業企画、開発企画、開発、製造、設計技術者や経営者、投資家、調査企業

セミナー講師

分析工房(株) 照明・ディスプレイ事業部 シニアパートナー 服部 寿 氏
【専門】有機ELディスプレイ・有機EL照明・LED照明・半導体製造装置 【Web】【講師紹介

セミナー趣旨

 OLED、QNED、ミニLED、マイクロLEDなどの新しいディスプレイの実用化や開発が進展し、スマートフォンやテレビや車載用などの分野での新製品のフレキシブルあるいはフォルダブルディスプレイの導入が進んでおり、そのための投資も拡大している。フレキシブルあるいはフォルダブルディスプレイでは、それぞれの技術課題があり、パネルで新材料や新規の技術が必要となる。プロセス技術・材料技術も未発達の部分がまだ多く残されている。本講義では、新しいディスプレイの材料技術、技術開発の経緯と残された課題、ディスプレイ製品の応用動向、競合技術、現状のパネル製品の課題など、アジアの全般動向を網羅的にわかりやすく解説する。

セミナー講演内容

1.先端ディスプレーパネルのアプリケーション、市場規模予測、材料動向
 1.1 ディスプレイの全体動向
 1.2 スマートフォンと中型向けの市場と投資
 1.3 テレビ・広告向けの市場と投資
 1.4 自動車・航空機向けの市場と投資
 1.5 AR/VR向けの市場とマイクロOLEDパネルの産業動向

2.OLEDパネルの動向、開発戦略、材料動向
 2.1 AM-OLED
 2.2 WOLED、QD-OLED、インクジェットプロセス

3.ミニLED・マイクロLED・QNEDの市場動向、材料動向
 3.1 Mini LED、Micro LED
 3.2 QNED

  □質疑応答□