セミナー
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live(リアルタイム)配信】
フード&アグリテック分野の国内外の事業動向と展望、
注目技術とスタートアップ、新規ビジネス機会

新規事業創出のヒントに!  フード&アグリテック分野の市場・技術動向を総俯瞰

本セミナーは都合により中止となりました(7/21 14:30更新)
今後のフード&アグリテック市場を牽引する下記5分野を中心に解説!
 1.次世代ファーム(植物工場と陸上養殖)
 2.農業ロボット(ドローン、収穫ロボット、ロボット農機)
 3.生産プラットフォーム(IoTセンサと営農支援システム)
 4.流通プラットフォーム(産直EC、先端卸売市場)
 5.アグリバイオ(代替タンパク、ゲノム編集)

 
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2021年7月29日(木)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )

 35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 )
 定価:本体32,000円+税3,200円
 E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額24,750円)
配布資料・製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
 ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
 ※開催日の4~5日前に発送します。
  開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。

 ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が開講日に間に合わない可能性がありますこと、
  ご了承下さい。
Zoom上ではスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
オンライン配信【ZoomによるLive配信】
  ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  ・お申し込み後、接続確認用URL(https://zoom.us/test)にアクセスして接続できるか等ご確認下さい。
  ・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
  ・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  ・リアルタイムで講師へのご質問も可能です。
  ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
備考資料付
※講義の録画・録音・撮影はご遠慮ください。
得られる知識 ・国内外の農業ビジネスを取り巻く事業環境と今後の展望
 ・国内外のフード&アグリテック市場の事業動向と技術開発状況、今後の展望
 ・国内外のフード&アグリテック分野のスタートアップの最新動向
 ・国内外のフード&アグリビジネスの新規事業開発に向けた基本構想・戦略の立案方法
対象 ・国内または海外で、農業や水産、フード&アグリテック分野のビジネスへの参入を検討している企業など
 ・国内外のアグリテックの各分野の研究・商品開発を行っている企業・大学など
 ・国内外のテック系スタートアップへ投資や融資、事業連携を検討している金融機関、企業など

セミナー趣旨

 国内外の農水産業ビジネスが大きな転換点を迎えている。世界の人口増加により農水産物(タンパク質)の需要は増加する一方、第一次産業の従事者の高齢化や環境・資源制約などにより供給の不安定さが増している。カギとなるのはIoTや人工知能(AI)を活用した新たな技術活用である。農と食分野の新たな技術導入を総称して「アグリテック/フードテック」と言い、不安定な世界の農水産物の需給バランスを改善する第3次「緑の革命」をもたらす期待が高まる。

 また、SDGsや「脱炭素」の考え方の普及は、従来の農と食の在り方も一変させる可能性がある。畜産分野が地球環境にもたらす負の影響が指摘される中、2019年半ばから、植物肉や培養肉、昆虫食などの代替タンパク市場が世界中で急拡大しているのは代表例である。筆者は、2030年に従来の畜産製品(牛肉や豚肉、鶏肉)のうち18%程度が代替タンパク製品に置き換わるものと推測している。

 本講座では、2020年代にフード&アグリテック市場を牽引する分野として、主に次の5分野の事業環境と展望、国内外の注目技術やスタートアップについて解説する。5分野は、①次世代ファーム(植物工場と陸上養殖)、②農業ロボット(ドローン、収穫ロボット、ロボット農機)、③生産プラットフォーム(IoTセンサと営農支援システム)、④流通プラットフォーム(産直EC、先端卸売市場)、⑤アグリバイオ(代替タンパク、ゲノム編集)である。本講座の受講を通して、フード&アグリテック市場の国内外の動向と展望を俯瞰いただきながら、新たな事業機会の創出にお役立て頂けることを願う。

セミナー講演内容

1.農水産業の市場環境とフード&アグリテック
 1.1 国内外の農水業を取り巻く環境変化
 1.2 フード&アグリテックが期待される背景
 1.3 フード&アグリテックの将来展望
 1.4 フード&アグリテックの市場分類
 1.5 フード&アグリテックの社会実装マップ
 
2.フード&アグリテックの主要5分野の市場動向と展望
 2.1 次世代ファーム(植物工場と陸上養殖)
 2.2 農業ロボット(ドローン、収穫ロボット、ロボット農機)
 2.3 生産プラットフォーム(IoTセンサと営農支援システム)
 2.4 流通プラットフォーム(産直EC、先端卸売市場)
 2.5 アグリバイオ(代替タンパク、ゲノム編集)
 
3.フード&アグリテック系スタートアップの国内外先進事例
 3.1 次世代ファーム(植物工場と陸上養殖)
 3.2 農業ロボット(ドローン、収穫ロボット、ロボット農機)
 3.3 生産プラットフォーム(IoTセンサと営農支援システム)
 3.4 流通プラットフォーム(産直EC、先端卸売市場)
 3.5 アグリバイオ(代替タンパク、ゲノム編集)
 
4.フード&アグリビジネスへの新規事業参入、技術・製品開発に向けた戦略立案のポイント
 4.1 参入に向けた6つのポイント
 4.2 参入に向けたロードマップ例
 4.3 事業構想・戦略の策定に向けたタスクの整理
 4.4 ビジネスモデルの検討に向けたタスクの整理
 4.5 フェーズ1の参考スケジュール
 4.6 フード&アグリテック分野の連携先の評価・選び方・連携方法

□ 質疑応答 □