セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live配信(リアルタイム配信)】 
生体データ活用製品・サービス開発のための
生体計測・信号処理と
生体情報解析・データマイニングのコツ

【アーカイブ配信付き】

生体信号の計測・ノイズ処理・解析などなど、
生体データの収集から、生体情報のデータマイニングまでを解説
生体データを意味ある情報として利活用するための、基本的なノウハウを身に着けよう!
日時 2021年7月28日(水)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の24,750円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 
 1名申込みの場合:受講料 35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 )
   定価:本体32,000円+税3,200円
   E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
特典アーカイブ(見逃し)配信付き:
 視聴期間:終了翌日から7日間[7/29~8/4]
 ※アーカイブは原則として編集は行いません
配布資料・PDFテキスト(印刷可)のみ
オンライン配信・ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)

セミナー視聴・資料ダウンロードはマイページから
お申し込み後、マイページの「セミナー資料ダウンロード/映像視聴ページ」に
お申込み済みのセミナー一覧が表示されますので、該当セミナーをクリックしてください。
開催日の【営業日2日前】より視聴用リンクと配布用資料のダウンロードリンクが表示されます。
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。

セミナー講師

東京理科大学 工学部電気工学科 教授 博士(工学) 阪田 治 氏
【専門】生体信号処理 【Web
筑波大学大学院工学研究科 修了 博士(工学)
茨城県立医療大学保健医療学部放射線技術科学科 嘱託助手
独法研ポスドク、学振PDを経て
山梨大学大学院 医学工学総合研究部生体環境医工学系 准教授
東京理科大学 工学部電気工学科 教授 (現職)
 

セミナー趣旨

 ものづくりや調査・研究のために生体信号を利用してみようと考えている方が、最初に考えなければならないことの数々を中心に、生体信号計測および生体信号処理のノウハウの基本的な点について紹介・解説します。

セミナー講演内容

1.生体信号の基礎
 
1.1 生体物性~生体システムの特異性~
 1.2 生体信号の種類
 ・電気的特性・磁気特性・機械的特性・熱特性・光特性・放射性特性
 1.3 生体信号利用の例

2.生体からの情報収集
 
・生体現象の電気計測の流れ 
 ・さまざまな医用生体情報
 ・生体信号計測装置の基本構成
 ・生体計測に使われるトランスデューサ
 ・生体信号いろいろ
 ・生体電気信号の計測の例(心電図、脳波)
 ・電気信号以外の生体情報の例(体温・血中酸素量・経頭蓋脳血)
                                      
3.生体信号計測とノイズ対策
 ~生体計測時の考慮事項・信号と雑音・繰り返し生体計測~ 
 3.1 ハードウェアによる対策 
 3.2 ソフトウェアによる対策
                                      
4.生体信号処理の基本
 4.1 生体信号解析とシステム同定
   ~人体というブラックボックスシステムの解析と生体情報を入力で動作する制御システムの設計の要~
 4.2 時系列信号の時間領域解析
 4.3 時系列信号の周波数領域解析
 4.4 多次元信号の因果解析 
 4.5 生体画像解析の基本
                                         
5.生体情報のデータマイニング  
 5.1 基本的な取り組み方と着眼点の置き方 ~問題設定と適切な信号処理技術の選定~ 
 5.2 機械学習の利用

6.生体情報データマイニングのケーススタディ
 6.1 データマイニング上の基本的な工夫例
 ・スクリーニング精度・信頼性の向上
 ・耐ノイズ性の向上
 ・センサ部の開発
 6.2 BMI例
 6.3 感性情報処理例

7.まとめ

  □質疑応答□