セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live配信(リアルタイム配信)】 
英文マニュアル・英文サイト/記事も恐くない!
ICT英文読解セミナー
【演習課題&解説付き】

【定員20名】
【アーカイブ配信付き】

※ICT(情報通信技術)
 
情報通信機器と言えば電話とパソコンという時代が終わり、未来社会を目指す今、ICT製品を組み込んだ製品やサービスの企画/開発が増え、

✓ 外国製 ICT製品の英語の仕様書やチュートリアルの読解で困っている
✓ 海外の英文サイトから 最新の情報を収集する際の読解に困っている

という方にお勧めのセミナーです。


演習では、ICT分野における最近の実際の英文記事などを題材にします。
今のICT分野ならではの英文を「早く・正確に」理解するコツを取り入れて、
業務のスピードアップや情報収取の幅を広げませんか?
日時 [1日目] 2021年6月30日(水)  10:00~17:00
[2日目] 2021年7月14日(水)  13:00~17:00
会場 [1日目] Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
[2日目] Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
77,000円 ( E-Mail案内登録価格 73,150円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体70,000円+税7,000円
E-Mail案内登録価格:本体66,500円+税6,650円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で77,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の38,500円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 
1名申込みの場合:49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 )
   定価:本体45,000円+税4,500円
   E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
特典アーカイブ(見逃し)配信付き:
 視聴期間1日目 終了翌営業日から2日目前日まで[7/1~7/13]を予定
 視聴期間2日目 終了翌営業日から7日間[7/15~7/21]を予定
 ※原則として編集は行いません。視聴期間の延長不可。
配布資料
・PDFテキスト(印刷可)
オンライン配信・ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
・セミナー視聴・資料ダウンロードはマイページから
お申し込み後、マイページの「セミナー資料ダウンロード/映像視聴ページ」に
お申込み済みのセミナー一覧が表示されますので、該当セミナーをクリックしてください。
開催日の【営業日2日前】より視聴用リンクと配布用資料のダウンロードリンクが表示されます。
備考※資料付
※セミナーの録音・撮影はご遠慮申し上げます。
※定員になり次第、受付終了とさせていただきますので、お早めにお申込みください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識
実際に欧米で出版/公開されている英語で書かれた ICT 記事を、語彙や構文を正しく把握することにより、より速く正確に読解するコツが得られます。
 
受講対象・予備知識
高校卒業(英検2級)程度の英文法の知識が望ましいですが、英語から長く離れている人のために最初に基本文型を簡単に復習します。ICT については、パソコンやスマホを一般ユーザーとして普通に使いこなせていれば大丈夫です(プログラミング等の専門的知識は不要です)。 
 

セミナー講師

(有)平井ランゲージ・サービシズ 代表取締役社長 平井 通宏 氏
【専門】情報工学 (IT: Information Technology) 【講師紹介

セミナー趣旨

 パソコン、スマホやインターネットなどのICT製品/サービスの進化・普及に伴い、ICTの知識は現代人に欠かせない教養の一つになりました。外国製ICT製品では初歩的な事項以外は英文マニュアルを参照せざるを得ないことが多くまた、アプリの開発などでは英語の仕様書やチュートリアルを深く正確に読解する必要に迫られることも多々あります。さらに、海外の出版物やウェブ記事から最新の情報収集をするにも、機械翻訳サイトなどを使えば概略を漠然と把握はできますが、元の英文を直接読解できるに超したことはありません。技術的進歩が速いICT分野では、「速く正確に」理解することが肝要です。
 この講座では、ICT分野の英文記事やマニュアルを読む上での日本人の弱点を、特に文法・構文の観点から診断・分析し、皆様が速く正確に読解する能力を向上できるようお手伝いいたします。 

セミナー講演内容

1. ICT英文読解とは: 読解の基本ポイント 
 1.1 視野の広さがカギ: 木から森へ
 1.2 ICT系英文マニュアル/チュートリアルの特徴
 1.3 ICT系英文雑誌/サイト記事の特徴

2. ICT英文読解の5つの柱
 2.1 英語知識: 単語、術語(技術用語)、イディオム、文法、構文、文脈の正確な把握       
 (例1) character と letter の違い、storage と memory の違いを知っていますか?
 (例2) 接続詞の that と 関係代名詞の that の違いが分かりますか?
 (例3) 記事やマニュアルによく出てくるイディオムや言い回しをおさえましょう
 2.2 周辺知識: 技術的知識、社会的知識、業界の知識
 (例) IoT、AI、SaaS、DX などの意味を知っていますか?
 2.3 環境/状況: 語学的環境、作業環境
 (例1) 適切な辞書(ICT用語辞典を含む)を使っていますか?
 (例2) 適切なICT環境(インターネット、スマホ等)を使っていますか?
 2.4 動機的要因: こだわり、視野の広さ、頭の柔らかさ
 (例1) 辞書引きや検索を面倒くさがっていませんか?
 (例2) 見る範囲を広げたり、別の視点を試みたりしていますか?  
 2.5 内容の難易度: 技術的難易度、発想の難易度(※こればかりはこの講座を超えた領域です)

3. ICT用語の正しい使い分け

4. 構文/文法上の弱点 ~多くの日本人に共通する問題点~

 4.0 基本文型の復習
 4.1 -ing 形
 4.2 it、形式主語、形式目的語
 4.3 that
 4.4 with および without
 4.5 仮定法
 4.6 関係代名詞、関係副詞
 4.7 呼応、係り結び
 4.8 その他の構文

5. 長文生素材読解演習(宿題)

6. 宿題答合わせおよび解説 


  □質疑応答□
 
演習課題について
初日の終わりに英国一般紙からとった Facebook に関するカラム記事の読解(幾つかの文の和訳、および全体の要約)を宿題にします。皆様には1週間以内に事務局に解答を提出していただき、それを講師が採点し、2日目に模範訳を示しながら全体の講評を行います。