セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live配信(リアルタイム配信)】 
メタマテリアルの基礎と
メタサーフェスの設計・製作およ光制御と応用技術

【アーカイブ配信付き】

誘電率と透磁率、透過スペクトル制御、偏光制御、位相制御など、メタマテリアルの基礎・メタサーフェスの各種制御機構から
ディスプレイ、カラーフィルタ、メタレンズ・スーパーレンズ応用まで、幅広く充実した情報をお届けします。
メタサーフェス実用化に向けた鍵とは何なのか!?新規研究・開発テーマの検討にもおススメです。
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2021年6月17日(木)  13:00~17:00
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の22,000円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 
1名申込みの場合:35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 )
   定価:本体32,000円+税3,200円
   E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
特典アーカイブ(見逃し)配信付き:
 視聴期間:終了翌日から7日間[6/18~6/24]を予定
 ※アーカイブは原則として編集は行いません
配布資料・PDFテキスト(印刷可)のみ
※PDFテキストはマイページよりダウンロードいただきます。(開催の営業日2日前よりダウンロード可)
オンライン配信【ZoomによるLive配信】(申込み前に必ずご確認ください)
・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
・お申込みの際はテストミーティングにアクセスして接続できるか等ご確認下さい。
・マイページの「セミナー資料ダウンロード/映像視聴ページ」にて本セミナーの視聴用リンクを
 ご案内します(開催の営業日2日前より)。受講当日はマイページにログインしていただき、ご視聴ください。
・リアルタイムで講師へのご質問も可能です。
備考※資料付
※講義中の録音・撮影・申込者以外の視聴はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。

セミナー講師

東京農工大学大学院 工学研究院 准教授 博士(工学) 岩見 健太郎 氏
【専門】メタサーフェス・MEMS 【Web
2003年東北大学工学部卒,2008年東北大学大学院工学研究科博士後期課程修了,博士(工学).2005年―2008年に日本学術振興会特別研究員(DC1).2008年より東京農工大学大学院工学府機械システム工学専攻助教.2011年―2012年に米国Stanford大学 Visiting Scholar. 2012年より農工大准教授.N/MEMSとプラズモニクスの融合を研究テーマとし,新規光学素子や光位相変調素子,太陽熱光発電システムの研究に従事

 

セミナー趣旨

 自然界にない光学特性を示す人工物質であるメタマテリアルは,製作の困難さから光の波長における製作例は少ない.一方リソグラフィ技術の進展によって,平面的な構造を容易に製作することが可能となった.金属や誘電体ナノ構造の配列によって極薄の光学素子を形成する研究が近年進展している.この分野はメタサーフェスと呼ばれ,メタマテリアルの中でも特に実用化に近い分野として期待されている.代表的な例として、メタレンズ・偏向素子・ホログラムなどがある。本セミナーでは,メタサーフェスの原理・特徴、作製方法と応用について述べる.

セミナー講演内容

1.メタマテリアルの基礎
 1.1 メタマテリアルとは
  1.1.1 物質の電磁場応答
  1.1.2 負の屈折率と左手系物質
  1.1.3 誘電率と透磁率:4象限の分類
  1.1.4 なぜ自然界に負の屈折率はないのか
  1.1.5 メタマテリアルの歴史
 1.2 メタマテリアルの応用と作成方法
  1.2.1 スーパーレンズ
  1.2.2 光クローキング
  1.2.3 マイクロ波メタマテリアルの作成方法
  1.2.4 可視メタマテリアルの作成方法
  1.2.5 メタマテリアルからメタサーフェスへ

2.メタサーフェスの基礎
 2.1 メタサーフェスによる光制御
  2.1.1 メタサーフェスでなにができるか
  2.1.2 メタサーフェスの分類
  2.1.3 透過スペクトル制御
  2.1.4 偏光制御
  2.1.5 位相制御
  2.1.6 位相遅延原理によるメタ原子の分類
  2.1.7 起動角運動量制御
  2.1.6 位相遅延原理によるメタ原子の分類
 2.2 メタサーフェスの設計・製作法
  2.2.1 電磁場シミュレーション(FDTD,RCWA,FEM)
  2.2.2 リソグラフィとリフトオフ
  2.2.3 トップダウン加工法
  2.2.4 ボトムアップ加工法
  2.2.5 メタサーフェス評価法

3.メタサーフェスの応用
 3.1 メタサーフェス光学素子
  3.1.1 メタレンズと最近のトレンド(高効率・高NA・色消し・大面積・魚眼)
  3.1.2 機能性メタレンズ(分光・偏光分離・測距・複眼)
  3.1.3 可変焦点メタレンズ
  3.1.4 キラリティと光相反性・アイソレータ
  3.1.5 位相子・波長板
  3.1.6 ホログラフィと立体ディスプレイ応用
 3.2 可変メタサーフェス
  3.2.1 透過強度変調
  3.2.2 カラーフィルタ
  3.2.3 位相変調器

4.まとめと今後の展望
 4.1 メタサーフェス実用化へのキーはどこにあるか

  □質疑応答□