セミナー 印刷

【Live配信(Zoom使用)限定セミナー】

蓄電池材料の電気化学インピーダンス測定 入門
~LiBの材料学、固体電解質材料、電気化学反応解析~

リチウムイオン電池、全固体電池、固体電解質材料の実践的なインピーダンス測定を1日で学ぶ!

本セミナーは、Zoomによる【Live配信受講】のみです。会場開催はございません。
※詳細につきましては下記「オンライン配信」の項目をご確認ください。
★ 簡単に材料解析できないリチウムイオン電池、全固体電池。
  しかし、電気化学測定、特にインピーダンス法は電池を非破壊かつ簡便に評価でき、幅広く活用されています。
★ 電池のインピーダンス測定を中山先生が1日でお教えいたします。
日時 2021年1月27日(水)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
講師 名古屋工業大学 教授 中山 将伸 氏
【経歴】
 2004 博士(工学) 東京工業大学
 2009年より名古屋工業大学 准教授  2016年より現職
【講師WebSite】
http://nakayama.web.nitech.ac.jp/jp/
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員受講料 46,970円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,700円+税4,270円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額24,750円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )

35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 ) 
 定価:本体32,000円+税3,200円
 会員:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料PDFデータ(印刷可/編集は不可)
 ※PDFデータ、セミナー開催日の2日前を目安にWebからダウンロード可能になります。
オンライン配信【ZoomによるLive配信】
・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。講師へのご質問も可能です。
・お申込みの際は、接続確認用URL(https://zoom.us/test)にアクセスして接続できるか等ご確認下さい。
・開始時に視聴できないなどのお問い合わせが増えています。予めZoomのテスト確認を必ずお願いいたします。
 Zoomのテスト
 http://zoom.us/test
 音声に関するQ&A
 https://support.zoom.us/hc/ja/articles/115002262083
 Zoomのアプリの他、ブラウザによる視聴環境について
 https://support.zoom.us/hc/ja/articles/214629443-Zoom
 Internet Explorer 10以降       Chromium Edge 80以降
 Google Chrome 53.0.2785以降    Safari 10.0.602.1.50以降
 Firefox 76以降
備考※資料付 
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。

セミナー趣旨

 リチウムイオン電池、全固体電池の材料は大気中でのハンドリングに制約があるため、簡単に材料解析することができない。一方電気化学測定、特にインピーダンス法は電池を非破壊かつ簡便に評価できことから幅広く活用されている。
 本講演では特に測定初心者を対象に、インピーダンス測定法の理論および応用事例を解説する。

セミナー講演内容

<得られる知識・技術>
・リチウムイオン電池の材料学および電気化学反応に関する知識
・固体電解質材料におけるインピーダンス測定法の実際
・リチウムイオン電池におけるインピーダンス測定の実際
・得られたインピーダンスデータの解析法(等価回路フィッティング)

<プログラム>
1.リチウムイオン電池の材料学
 1.1 インターカレーション反応
 1.2 平衡電圧と材料の電子構造
 1.3 イオンの固体内拡散

2.固体電解質材料のインピーダンス測定
 2.1 イオン伝導性材料と抵抗成分
 2.2 インピーダンス法の原理
 2.3 インピーダンス実験のためのサンプル準備
 2.4 インピーダンス測定結果の解析(等価回路フィッティング)

3.電気化学反応解析
 3.1 3端子測定とその必要性

  3.1.1 平衡電位測定と緩和過程
 3.2 過電圧と材料内部の抵抗
  3.2.1 電極電解質界面抵抗
  3.2.2 電極内のリチウムイオン拡散
  3.2.3 直流法による測定
 3.3 電気化学インピーダンス測定の実際
  3.3.1 Adatom Modelに基づく反応解析
  3.3.2 全固体リチウムポリマー電池の反応解析

  □質疑応答□