セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】
エポキシ樹脂の変性技術と特性評価、応用技術

~特性を引き出すための変性技術と正しい評価方法~

■エポキシ樹脂の特徴と応用例■
■エポキシの変性技術■
■エポキシ樹脂の評価法■

要求特性を実現するエポキシ樹脂・原料の選定法、使用法、製造法

各分野で必要な要求特性とその正しい測定法

変性エポキシ樹脂の基礎と応用

硬化剤との反応、変性に必要な原料、硬化物性の測定

自動車・航空機・半導体、、、アプリケーション別の要求特性
日時 2020年11月30日(月)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員受講料 46,970円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,700円+税4,270円
※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )
35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 )

  定価:本体32,000円+税3,200円
  会員:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額24,750円) 
配布資料配布資料:製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
  ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
  ※開催日の4~5日前に発送します。
   開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。
  ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
   開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信【ZOOMによるLive配信】
 ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 ・お申し込み前に、接続確認用URL(https://zoom.us/test)にアクセスして接続できるか等ご確認下さい。
 ・お申込み受理のご連絡メールに接続テスト用のURL、ミーティングID​、パスワードが記されております。
 ・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
 ・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
 ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
備考資料付(郵送)
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
得られる知識・エポキシ樹脂の特徴と応用例
・エポキシの変性技術
・エポキシ樹脂の評価法
キーワード:エポキシ樹脂、変性、特性評価
 

セミナー講師

NBリサーチ 代表 野村 和宏 氏 ※元ナガセケムテックス(株)
専門 エポキシ樹脂、接着剤、複合材、半導体封止剤
【講師紹介】

セミナー趣旨

 エポキシ樹脂はその信頼性の高さから様々な分野で使用されています。本講義ではエポキシ樹脂の使用されている様々な分野での応用例と要求特性、その特性を引き出すための変性技術と正しい評価法について詳しく説明します。

セミナー講演内容

1.エポキシ樹脂の基本
 1.1 エポキシ樹脂の歴史
 1.2 エポキシ樹脂の特徴
 1.3 エポキシ樹脂の合成法
  1.3.1 エピクロロヒドリン法
  1.3.2 過酸法
 1.4 エポキシ樹脂の種類
  1.4.1 汎用エポキシ
  1.4.2 耐熱エポキシ
  1.4.3 可とう性エポキシ
  1.4.4 難燃性エポキシ

2.エポキシ樹脂の硬化剤
 2.1 アミン系硬化剤
  2.1.1 脂肪族アミン
  2.1.2 芳香族アミン
  2.1.3 エポキシとアミンの反応
  2.1.4 潜在性硬化剤
  2.1.5 エポキシの自己重合
 2.2 酸無水物
  2.2.1 固形酸無水物
  2.2.2 液状酸無水物
  2.2.3 エポキシと酸無水物の反応
 2.3 フェノール
  2.3.1 2官能フェノール
  2.3.2 フェノールノボラック
  2.3.3 エポキシとフェノールの反応

3.エポキシ変性に欠かせない原料
 3.1 添加剤
 3.2 促進剤
 3.3 希釈剤
 3.4 無機フィラー
 3.5 低応力化剤

4.エポキシ樹脂の製造法
 4.1 エポキシ変性品の混練法
 4.2 エポキシ製造に必要な設備

5.エポキシ樹脂の応用分野と要求特性
 5.1 自動車分野
  5.1.1 車体用マトリックス
   (1)車体用マトリックスの要求特性
   (2)車体用マトリックスの設計
  5.1.2 水素タンク用マトリックス
   (1)水素タンク用マトリックスの要求特性
   (2)水素タンク用マトリックスの設計
  5.1.3 自動車用構造接着剤
   (1)自動車構造接着剤の要求特性
   (2)自動車用構造接着剤の設計
 5.2 航空機分野
  5.2.1 機体用マトリックス
   (1)機体用マトリックスの要求特性
   (2)機体用マトリックスの設計法
  5.2.2 二次部材用エポキシ
   (1)二次部材用エポキシの要求特性
   (2)二次部材用エポキシの設計
 5.3 半導体分野
  5.3.1 ワイヤータイプ向け封止剤
   (1)ワイヤータイプの封止法
   (2)ワイヤータイプ封止剤の要求特性
   (3)ワイヤータイプ封止剤の設計
  5.3.2 フリップチップ向け液状封止剤
   (1)フリップチップの封止法
   (2)フリップチップ封止剤の設計

6.エポキシ変性品の物性測定
 6.1 流動性測定
 6.2 熱特性測定
 6.3 力学特性測定
 6.4 電気特性
 6.5 環境試験

  □質疑応答□