セミナー 印刷

【Live配信(Zoom使用)限定セミナー】
ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の基礎、
研究開発動向と今後の展望

~急速に発展するHMDについて、基礎から最新の研究事例、今後の展望まで解説~

本セミナーは、Zoomによる【Live配信受講】のみです。会場開催はございません。
※詳細につきましては下記「ライブ配信」の項目をご確認ください。
★ ウェアラブル用途のものからバーチャルリアリティ用途のものまで多種多様のヘッドマウントディスプレイ(HMD)
★ どのような性能が求められ、現在の技術はどこまで進んでいるのでしょうか?現状と今後の展望を解説します。
日時 2020年11月17日(火)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
講師 奈良先端科学技術大学院大学 教授 清川 清 氏
【主な経歴・専門】
1994年大阪大学基礎工学部情報工学科三年次中途退学。
1998年奈良先端科学技術大学院大学博士後期課程修了。
1999年通信総合研究所(現情報通信研究機構)研究員。
2002年大阪大学サイバーメディアセンター助教授、
2007年同准教授。
2017年奈良先端科学技術大学院大学教授、現在に至る。
バーチャルリアリティ、拡張現実、複合現実、3次元ユーザインタフェースなどの研究に従事。
【ご活動など】
日本バーチャルリアリティ学会理事、フェロー。IEEE VR、IEEE ISMAR、IEEE 3DUI、ICATなど、バーチャルリアリティや拡張現実分野の主要な国際会議の運営委員、大会長、プログラム委員長などを歴任。
【講師WebSite】
サイバネティクス・リアリティ工学研究室 (CAREラボ)
https://carelab.info/ja/
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( S&T会員受講料 41,800円 ) S&T会員登録について
定価:本体40,000円+税4,000円
会員:本体38,000円+税3,800円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額22,000円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )

35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 ) 
 定価:本体32,000円+税3,200円
 会員:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料PDFデータ(印刷可/編集は不可)のみ。
※PDFデータは、セミナー開催日の2日前を目安にマイページからダウンロード可能になります。
オンライン配信【ZoomによるLive配信】
・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
・お申込み受理のご連絡メールに接続テスト用のURL、ミーティングID​、パスコードが記されております。
 「Zoom」をインストールができるか、接続できるか等をご確認下さい。

・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
・右記URLからZOOMでの使用環境などを予めTEST確認ができます。http://zoom.us/test
備考※資料付 
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー趣旨

 近年さまざまなヘッドマウントディスプレイ(HMD)が登場しています。ウェアラブル用途のものからバーチャルリアリティ用途のものまで多種多様です。一方、拡張現実(AR)と呼ばれる技術が急速に普及しており、AR向けのHMDも多数登場しています。こうしたHMDにはどのような性能が求められ、現在の技術はどこまで進んでいるのでしょうか。また、研究者たちはどのような未来のHMDを思い描いているのでしょうか。 本講座では、急速に発展するHMDについて、基礎から最新の研究事例、今後の展望までをわかりやすく解説します。

セミナー講演内容

<得られる知識・技術>
 ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の基礎、要件、研究動向および今後の展望に関する幅広い知識が得られます。

<プログラム>
1.ヘッドマウントディスプレイの基礎
 1.1 歴史(1940年台から2010年代まで)
 1.2 分類(主要な光学系の紹介)
 1.3 視覚(主要な視覚機能の紹介)

2.ヘッドマウントディスプレイの要件
 2.1 クローズドHMDの要件
 2.2 ビデオシースルーHMDの要件
 2.3 光学シースルーHMDの要件

3.広視野・高精細HMD
 3.1 曲面光学系
 3.2 空間分割方式
 3.3 その他の方式

4.調節(焦点距離)に対応するHMD
 4.1 時分割方式
 4.2 多層化方式
 4.3 ライトフィールド方式
 4.4 網膜走査方式
 4.5 その他の方式

5.遮蔽に対応するHMD
 5.1 透過方式
 5.2 反射方式
 5.3 その他の方式

6.HMDの校正
 6.1 光学歪みの校正
 6.2 色調の校正
 6.3 眼球位置の校正
 6.4 その他の校正

7.これからのHMD
 7.1 VR技術ロードマップ
 7.2 センシング
 7.3 マルチモダリティ
 7.4 視覚拡張
 7.5 パーソナライズドリアリティ


  □質疑応答□