セミナー

自動車排出ガス規制の国内外の動向と試験法および計測法

~RDE試験も含めた次期規制、排出ガス計測の原理、最新の排出ガス浄化処理技術~

★ これまでの排出ガス試験法、RDE(Real Driving Emission)試験も含めた次期規制の動きを解説!
★ 排ガス試験法に関する基本的な考え方、試験法に導入されている計測手法の計測原理とは!
日時 2019年5月20日(月)  13:00~16:30
会場 東京・港区浜松町 芝エクセレントビル B1F KCDホール  
会場地図
講師 東京工業大学 工学院システム制御系 准教授 佐藤 進 氏
【経歴】

2006.3. 慶應義塾大学 大学院理工学研究科 博士課程修了
2006.2. 独立行政法人交通安全環境研究所 環境研究領域 研究員
2012.2. 東京工業大学 大学院理工学研究科 機械宇宙システム専攻 助教
2015.4. 東京工業大学 理工学研究科 機械宇宙システム専攻 准教授
2016.4. 東京工業大学 工学院システム制御系 准教授(組織変更に伴い所属変更)
【研究内容】
排出ガス後処理、排出ガス計測、車載計測、ディーゼル燃焼、火花点火燃焼、PCCI/HCCI燃焼
【活動】
公益社団法人自動車技術会 社会・交通システム委員会 幹事
公益社団法人自動車技術会 排気触媒システム部門委員会 委員
国土交通省検討会、WG等検討委員複数
【受賞】
公益社団法人自動車技術会 自動車技術会賞 論文賞 2件
【講師WebSite】
http://www.ec.sc.e.titech.ac.jp/
受講料(税込)
各種割引特典
43,200円 ( S&T会員受講料 41,040円 ) S&T会員登録について
定価:本体40,000円+税3,200円
会員:本体38,000円+税3,040円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で43,200円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額21,600円) 
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

セミナー趣旨

 排出ガス規制が年々厳しくなる中、VW問題などを背景として、RDE(Real Driving Emission)規制など、これまでにない規制や試験法の動きが出始めています。本講演では、これまでの排出ガス試験法を振り返るとともに、RDE試験も含めた次期の規制について概説し、排出ガス計測の原理も含めた解説します。また最新の排出ガス浄化処理技術についても紹介します。

セミナー講演内容

<得られる知識・技術>
 排ガス試験法に関する基本的な考え方や、試験法が決められた背景、試験法に導入されている計測手法の計測原理について、知識を得ることができます。そのような話題に関連して、昨今の排ガス不正問題や、RDE試験の研究事例についても紹介いたします。

<プログラム>
1.自動車排出ガスに起因する環境問題

2.自動車排出ガス規制の変遷

 2.1 乗用車の燃費・排出ガス試験法
 2.2 重量者の燃費・排出ガス試験法
 2.3 排出ガス不正問題
 2.4 RDE規制の最新動向

3.排出ガス試験に使用される計測手法
 3.1 排気成分中ガス濃度計測
 3.2 PM・PN計測
 3.3 排出ガス流量計測

4.実路走行時の排出ガス計測、走行抵抗計測研究事例
 4.1 排出ガス流量計測
 4.2 道路勾配計測
 4.3 車両にかかる走行抵抗計測
 4.4 エコドライブ時の実路走行時排出ガス傾向
 4.5 最新ディーゼル乗用車の排出ガス計測

  □質疑応答・名刺交換□​