セミナー 印刷

クルマの知能化最前線;運転支援/自動運転/運転知能

★ 安全・安心な高齢社会に向けたクルマの知能化へ!
★ 人間と機械の協調(Shared control)とは!?
日時 2018年12月7日(金)  13:00~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  4F 第1グループ活動室
会場地図
講師 神奈川工科大学 創造工学部 自動車システム開発工学科長 教授 井上 秀雄 氏 【元・トヨタ自動車(株)】
同 先端自動車技術開発研究所長 & 自動車工学センター長
兼 東京農工大学 大学院工学府 機械システム専攻 客員教授
受講料(税込)
各種割引特典
43,200円 ( S&T会員受講料 41,040円 ) S&T会員登録について
定価:本体40,000円+税3,200円
会員:本体38,000円+税3,040円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で43,200円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額21,600円) 
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

セミナー講演内容

1.GuardianとChauffeurの目的と技術の違い

2.安全進化の為の先読み運転とリスク予測技術

3.ADAS, ADにおける Shared control 技術の重要性

4.交通モビリティシステムとしての自動運転の意義

5.運転知能技術の目指す方向性とまとめ


  □質疑応答・名刺交換□