研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍

セミナーセミナー番号:G180912(光学フィルム)

ビジネススキル・新規事業 エレクトロニクス
セミナー
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー

ディスプレイ向け光学フィルムの
基礎・市場と高機能化技術トレンド

~今のLCDから将来の車載用・有機EL・マイクロLEDまでを展望する~

教室を変更いたしました (更新 9月4日 更新)
【変更前】東京・品川区大井町 きゅりあん  5F 第1講習室 → 【変更後】4F 第1特別講習室
各種ディスプレイ方式に有用な光学フィルムの技術とは? 車載用途に有用な光学フィルムの技術とは?
ディスプレイ向けの光学フィルムの基礎・市場・技術トレンドを半日で展望します。
新しい用途・市場に向け、フィルムや材料を事業化する際の注意点や心得なども講師の経験から助言します。
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2018年9月12日(水)  13:00~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  4F 第1特別講習室
会場地図
講師 (株)FT-Net 取締役 技術士(応用理学部門、物理及び化学) 青崎 耕 氏 
[元AGC旭硝子(株)プロフェッショナル] /  [兼任](NPO)日本フォトニクス協議会 理事
世界で初めてのWet法ロールtoロール連続式反射防止フィルムを開発、大型フラットパネルディスプレイの光学フィルム・フィルターを製品化するなど、光学材料・部材・フィルム分野において先駆的役割を果たした。
【公的受賞】
・日本化学会 第49回化学技術賞(先端的電子・光学向け材料の開発)
・日本化学工業協会 第37回技術特別賞(連続ウェット法反射防止フィルム、およびPDP光学フィルターの企業化)
受講料(税込)
各種割引特典
43,200円 ( S&T会員受講料 41,040円 ) S&T会員登録について
定価:本体40,000円+税3,200円
会員:本体38,000円+税3,040円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で43,200円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額21,600円) 
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
対象基礎についてはできる限り分かり易く解説するので、事前の専門予備知識は不要。 
今後、光学材料・フィルムを開発やマーケティングに携わる方、技術トレンドを調査したい方にも役立つ。
このセミナーは終了しました。

趣旨

 液晶ディスプレイは必須構成の偏光板をはじめとして多数の機能フィルムによって構成されており、これらフィルムは数兆円(年間)という巨大な市場を形成している。当講座では、まずはこれらディスプレイ光学フィルムについて、ガラスとの比較も織り込んで、材料や機能(光学薄膜を含む)の基礎を解説する。次に今後の視認性向上、表面防汚、曲面化などの高機能化に向けた技術トレンドを、車載ディスプレイや将来のディスプレイ方式の候補である有機EL・マイクロLEDにも触れながら紹介する。

プログラム

1.光学フィルム用材料(フォトニクスポリマー)の概要
  1.1 光学機能によるフィルム・部材の分類と使用されるポリマー例
  1.2 フォトニクスポリマーの個別紹介(分子構造、光学特性) 
   ・PMMA、PC、PS、PET、PVA、TAC、COP、アモルファスフッ素樹脂 など 

2.ディスプレイ光学フィルムの基礎(種類、機能、市場)
  2.1 フラットパネルディスプレイの誕生から:光学フィルムの変遷(PDPからLCDまで)
  2.2 現在のディスプレイ光学フィルムの種類、機能と市場  
  2.3 ディスプレイ光学フィルムの個別紹介
   ・偏光板(位相差、直線偏光、円偏光、楕円偏光)
   ・反射防止フィルム(光学薄膜による多層コート原理)
   ・輝度向上フィルム 
   ・複屈折ゼロフィルム
   ・その他のディスプレイ光学フィルム

3.今後の高機能化に向けた光学フィルムの技術トレンド
 3.1 共通的な技術のトレンド
   ・指紋付着防止技術(防汚加工)、モスアイ反射防止技術、触覚フィードバック技術、など
 3.2 車載用ディスプレイに有用な技術トレンド
   ・電子ミラー、曲面化、大型化、情報表示端末、車窓ディスプレイ など  
 3.3 有機ELディスプレイに有用な技術トレンド
   ・特有の反射防止方式、発光材料と層形成技術 など  
 3,4 マイクロLEDディスプレイの開発の現状と将来展望
   ・光学フィルムの活用可能性について      

4.光学フィルム・材料の事業化の心得 
   ・講師の成功および失敗体験と、そこから見える心得の紹介 

  □質疑応答・名刺交換□

このセミナーは終了しました。

関連商品

当サイトはグローバルサイン社によりセキュリティ認証をされています。
SSLページ(https)からの情報送信は暗号化技術により保護されます。