【特集】京都開催 医薬系セミナー


好評セミナーを京都で開催! 関西、中国・四国、九州地方の方はどうぞお見逃しなく!
 日頃より多くご要望をいただいております“近畿地方でのセミナー開催”にお応えして、京都開催セミナーを企画いたしました。テーマは多岐にわたっておりますが、好評の講師、内容を中心としたラインアップとなっております。 皆様のご業務に役立つセミナーがあるかと思われますのでぜひご覧ください。
【 現 在 予 定 し て い る 開 催 テ ー マ  は こ ち ら 】

● Excelスプレッドシート運用管理・バリデーションと信頼性確保 入門
● 新GMP省令要件徹底解説と現行GMP省令とのギャップ分析 入門
● 改正GMP省令をふまえた中小規模企業のサイトQA業務と組織体制作り
● 最終的に滅菌される医療機器の包装ISO 11607-1,-2 2019年版への対応
● バイオ医薬品「構造決定・特性解析及び不純物」のまとめ方と品質管理への活用
● バイオ医薬品「規格及び試験方法」/「分析法バリデーション」のまとめ方
● 3極、PIC/S洗浄バリデーションの許容限度・査察指摘事項とHTデータ取得
● 医薬品・医療機器・再生医療等製品エンドトキシン試験とバリデーション

 
 ↓↓↓ 詳細内容は、下記一覧より個別のページをご覧ください!! ↓↓↓ 
 9/19 スプレッドシート

これからはじめるExcelスプレッドシートの運用管理・バリデーションと信頼性確保 入門講座


  9/20 新GMP省令要件

20年ぶりに改正が予定されている新GMP省令要件徹底解説と現行GMP省令とのギャップ分析 入門講座


  10/7 サイトQA業務

改正GMP省令をふまえた中小規模企業のサイトQA業務と組織体制作り


 10/7 医療機器包装

最終的に滅菌される医療機器の包装ISO 11607-1,-2 2019年版への対応— GAP解析とリスクマネジメント、ユーザビリティ、バリデーションの具体例 —


 10/7 バイオ構造決定・特性解析

バイオ医薬品の「構造決定・特性解析及び不純物」のまとめ方と品質管理への活用~製法変更時の同等性/同質性にも着目して~
=バイオ医薬品のCTD-Qセミナー【第1日目:Part1】=


 10/8 バイオ規格及び試験方法

バイオ医薬品の「規格及び試験方法」/「分析法バリデーション」のまとめ方~目的物質、目的物質関連物質、目的物質関連不純物及び工程由来不純物の取扱い~
=バイオ医薬品のCTD-Qセミナー【第2日目:Part2】=


 10/8 洗浄バリデーション

3極、PIC/Sにおける洗浄バリデーションの許容限度・査察指摘事項とホールドタイムのデータ取得・設定・評価方法


 10/8 エンドトキシン試験

医薬品・医療機器・再生医療医療等製品におけるエンドトキシン試験とバリデーションの留意点