【特集】 センサ&IoTコンソーシアムセミナー

将来普及が期待されるケミカルセンサ・バイオセンサで
世界トップクラスの技術を有する大学・研究機関と連携するセンサ&IoTコンソーシアムと
サイエンス&テクノロジーにより提供するセミナーを特集して掲載しています。

将来の社会への還元を見据えて進化する センサおよび周辺技術の最先端情報の提供と、
セミナーを通して技術進展が開く新しい価値・可能性・未来を感じて頂くことを主題としています。

 
受講にはS&T会員登録(無料)が必要です


オンライン配信視聴・テキスト資料ダウンロードなど、受講にあたりマイページ機能を利用しますので、事前に受講者全員のS&T会員登録が必須となります。また、S&T会員登録とあわせ、E-Mail案内登録をしていただくと「E-Mail案内登録(定価の約5%割引)」が適用されます。(アカデミー価格との併用不可)
※E-Mail案内登録価格は、E-MailまたはDMを希望された方のみに適応いたします。

会員登録はこちらから

受講料:22,000円 ( E-Mail案内登録価格 20,900円 )
定価:本体20,000円+税2,000円
E-Mail案内登録価格:本体19,000円+税1,900円
アカデミー価格:11,000円
※学生・教員および医療従事者は上記価格でのご受講が可能です。
アカデミー価格適用条件は
こちら

 
 お支払い方法は「銀行振込」のみとなっております。
 請求書は、手続き完了次第、2,3営業日以内にPDFデータにて代表者にE-mailで送信いたします。
 詳細はセミナー申込要領をご確認ください。


センサ&IoTコンソーシアム会員/コンソーシアムの研究者情報執筆の先生へ

上記の皆様は特別招待制度がございます。
詳細はセンサ&IoTコンソーシアム配信のメールから配信されているメールマガジンをご確認ください。
センサ&IoTコンソーシアムに関する問い合わせはこちらからお願いいたします。
2021年2月開催分より、セミナー情報は以下に随時更新中

【第6回】農業・センサ

【開催日時】
 2021年9月7日(火)  13:30~16:25
【開催形態】
 Zoomによる
 Live(リアルタイム)配信セミナー
【資料付】

高度な農業生産に向けた
植物生体情報センシングの研究最前線

 

▼第1部
CMOS-LSI技術に基づく
マルチモーダルセンサの開発と
植物生体情報計測への展開


豊橋技術科学大学
エレクトロニクス先端融合研究所 
准教授 博士(工学) 
野田 俊彦 氏
 

▼第2部
植物生体電位応答を用いた
栽培支援システム開発に関する研究


埼玉大学 情報メディア基盤センター,
グリーンバイオ研究センター兼任 
准教授 博士(工学) 
長谷川 有貴 氏
 

▼第3部
高度な農業生産のための
植物生育診断技術
―センサ活用の現状と展望―


豊橋技術科学大学 機械工学系 
教授 博士(農学) 
高山 弘太郎 氏

↓詳細は以下をクリック↓

【特別版】政策×最新技術講演

【開催日時】
 2021年9月2日(木)  13:20~17:15
【開催形態】
 Zoomによる
 Live(リアルタイム)配信セミナー
【資料付】

センサ&IoTセミナー 特別版
 政策×最新技術講演 

 

▼Session1
次世代のIoT社会に向けた
ナノテクノロジー・材料分野の課題と展望


(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構 
技術戦略研究センター
ナノテクノロジー・材料ユニット 
研究員 小野 雄平 氏
 

▼Session2
ウエルビーイング社会に期待されるデジタルの役割


(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構 
技術戦略研究センター
デジタルイノベーションユニット長 
理学博士 伊藤 智 氏

▼Session3
CMOS技術とセンサ技術の融合による
マルチモーダルセンシングプラットフォーム


国立大学法人豊橋技術科学大学 
教授 工学博士 澤田 和明 氏
 
▼Session4
人間拡張ビジネスの創出に向けて
〜センサ・IoT・介入・身体心理の変容・サービス


(国研)産業技術総合研究所
人間拡張研究センター 
研究センター長 工学博士 持丸 正明 氏

↓詳細は以下をクリック↓

【第5回】ヒト計測と昆虫制御

【開催日時】
 2021年8月24日(火)  13:30~16:25
【開催形態】
 Zoomによる
 Live(リアルタイム)配信セミナー
【資料付】

低・非侵襲ヒト計測と昆虫制御のための
デバイスシステム最前線

 

▼第1部
低侵襲医療デバイス実装のための
微細加工技術とその応用


鳥取大学 工学部
准教授 博士(工学) 
松永 忠雄 氏
 

▼第2部
昆虫サイボーグ:
昆虫を無線でコントロールする
研究の意義と現在
How to control insect locomotion?
Why do we need the cyborg insect?


Nanyang Technological University
Provost’s Chair Professor/
レステック株式会社
Co-CEO 博士(工学)
佐藤 裕崇 氏
 

▼第3部
バイオセンシング技術を用いた
生体情報の無意識・無拘束モニタリング


東京医科歯科大学 生体材料工学研究所
講師 博士(工学) 
荒川 貴博 氏

↓詳細は以下をクリック↓

【第4回】センシングと情報科学

【開催日時】
 2021年6月28日(月)  13:30~16:25
【開催形態】
 Zoomによる
 Live(リアルタイム)配信セミナー
【資料付】

センシングの進化を加速する
機械学習・パターン認識・
数理理論の活用 最前線

 

▼第1部
パターン認識を用いた
化学センシングを可能とする
材料設計とその実践


東京大学 生産技術研究所 
准教授 博士(工学) 
南 豪 氏
 

▼第2部
固体ナノポアセンサと
機械学習を用いたウイルス検査


大阪大学 産業科学研究所 
准教授 博士(工学) 
筒井 真楠 氏
 

▼第3部
生体における
化学情報処理機構の定量生物学


東京大学 生産技術研究所 
准教授 博士(科学) 
小林 徹也 氏

↓詳細は以下をクリック↓

【第3回】バイオマーカー探索

【開催日時】
 2021年4月27日(火)  13:30~16:25
【開催形態】
 Zoomによる
 Live(リアルタイム)配信セミナー
【資料付】

網羅的分析技術による新規センシング
対象・バイオマーカー
探索の最前線

 

▼第1部
身体情報を汗と皮膚ガスでアプローチ:
汗の挙動と神経伝達、膵炎と塩素イオン;
皮膚ガスアセトン・アンモニアと糖尿病、
慢性肝炎;皮膚ガス複数成分から血糖値
の推定・パーキンソン病疾病の重度推定


(有)ピコデバイス 代表取締役
博士(工学) 津田孝雄 氏
 

▼第2部
マルチオミクス解析による
農業生態系のデジタル化​


(国研)理化学研究所 バイオリソース
研究センター チームリーダー
博士(理学) 市橋泰範 氏
 

▼第3部
代謝物の網羅的な測定技術を用いた
生体試料からの新規分子マーカーの探索


東京医科大学 医学総合研究所 低侵襲
医療開発総合センター 教授
博士(学術/歯学) 杉本昌弘 氏

↓詳細は以下をクリック↓

【第2回】バイオ電池

【開催日時】
 2021年3月23日(火)  15:00~17:55
【開催形態】
 Zoomによる
 Live(リアルタイム)配信セミナー
【資料付】


バイオ電池の最先端と
ウエアラブル/フレキシブルデバイス応用

 

▼第1部
酵素修飾導電性繊維を用いた
医療用眼計測レンズの開発


早稲田大学 大学院情報生産システム研究科
准教授 工学(博士) 三宅 丈雄 氏

▼第2部
電気化学バイオデバイスの
高機能化に向けた材料開発​


筑波大学 数理物質系
准教授 博士(農学) 辻村 清也 氏
 

▼第3部
印刷技術を用いた
ウェアラブルバイオ燃料電池の開発と
自己駆動型センサへの応用


東京理科大学 理工学部先端化学科
准教授 博士(工学) 四反田 功 氏

↓詳細は以下をクリック↓

【第1回】匂い・香り計測

【開催日時】
 2021年2月26日(金)  13:30~16:30
【開催形態】
 Zoomによる
 Live(リアルタイム)配信セミナー
【資料付】

匂い・香りの高感度計測による
情報化・イメージング技術と
匂い情報の新しい応用展開

 

▼第1部
バイオ蛍光法によるガス(匂い成分)の
高感度リアルタイム計測及びイメージング


東京医科歯科大学 生体材料工学研究所
教授(医療工学領域 領域長) 三林 浩二 氏

▼第2部
嗅覚IoTセンサの実現に向けた総合的研究開発​

(国研)物質・材料研究機構(NIMS)
機能性材料研究拠点 電気・電子機能分野
嗅覚センサグループ
グループリーダー 吉川 元起 氏
 

▼第3部
バイオセンシング技術における
昆虫の嗅覚機能の活用と
ガス検知に向けた取組み


東京大学 先端科学技術研究センター 
特任准教授 光野 秀文 氏(講演)
/櫻井 健志 氏、神崎 亮平 氏

↓詳細は以下をクリック↓