【特集】エレクトロニクス業界の技術者のための専門セミナー

半導体産業の技術・市場動向や関連する技術情報を中心に、パワーエレクトロニクス・蓄電池・センサなどの
注目のエレクトロ二クス関連テーマのセミナー/書籍を特集しています。ぜひ詳細を各リンクからご覧ください。
◆半導体関連技術◆
4月26日
異種デバイス集積モジュールへ拡張する 半導体パッケージの新潮流
講師:東芝メモリ(株) メモリ事業部 メモリパッケージ開発部・プロセス技術開発主幹 江澤 弘和 氏
5月22日
米中ハイテク戦争と半導体メモリ不況を生き抜く ビジネスの羅針盤
講師:微細加工研究所 所長 工学博士 湯之上 隆 氏
5月30日
CMP技術およびその最適プロセス実現のための総合知識
5月31日
半導体実装用高分子材料の合成・設計と特性制御
4月24日
リチウムイオン電池産業分析 
4月25日
次世代自動車に今後求められる蓄電技術と超急速充電技術    
5月29日
全固体電池の電解質/電極の界面現象理解と制御      
5月31日
バッテリマネジメントとセルバランス技術
4月18日
研究開発成功のために必要な技術者思考とその実践
4月24日    
技術者のためのデザイン思考の基礎と具体的手法
4月24日
R&D部門が先導する研究開発マネジメントの全体像と活動
4月26日    
市場・製品・技術ロードマップの作成プロセスと成功のポイント
◆4~5月開催 エレクトロニクス関連材料・技術◆
4月25日
生産/製造工程・クリーンルームにおける静電気障害対策
5月22日    
人工光合成の基礎と国内外の動向・課題・今後の展望
5月23日
車載タッチパネルの要求仕様と市場・技術動向
5月27日
クルマの自動運転技術・車両制御システムの最新開発動向
おすすめ書籍のご案内

<トレンドレポート> FOWLP

FOWLPなど、今後の新規パッケージで必要になる封止技術・材料とはどのようなものか。薄層封止技術・材料/混載封止・4D実装ー3D材料とは?この技術分野に精通する著者が、これまでの開発経緯を紐解きながら今後の必要技術を解説します。

プラズマCVDにおける成膜条件の最適化

電気回路、電磁気学、放電工学、流体力学、化学工学、表面科学……
様々な学問体系が絡み合う、複雑なプラズマCVDを「使いこなしたい!」と願う技術者・研究者へ

リチウムイオン二次電池 長期信頼性

LIBの安全性・寿命予測・劣化診断についての技術情報をまとめた1冊。
大手シンクタンクが綴る車載・定置LIBの市場予測レポート/性能を最大限に引き出すためのBMS基礎や事例/電池の発火発煙事故と製造・保管時の注意点/

リチウムイオン電池 活物質と電極材料

様々な活物質種について、合成条件や結晶構造・材料組成・表面性状などが電極の性能にどのように影響するのか。
導電助剤やバインダーの選定など、電極作製例、正極と負極の組み合わせによる電池作製・性能の事例も解説します。

<トレンドレポート> 最新ディスプレイ技術2

2017年秋以降に発表された最新情報を解説。FPDの性能・機能・価値を高める有望技術を読み解き、今後の開発の方向性を探ります。

<トレンドレポート> マイクロLED

開発過熱の背景と実用化への課題とは?半導体技術者が語る製造上の問題点と、過去技術転用の可能性。ディスプレイ以外の応用可能性など、示唆に富んだ情報を提供します。

<トレンドレポート> 最新ディスプレイ

LCDの最近の進化、OLEDの製造技術&フレキシブルディスプレイの現状、有機TFTの可能性、マイクロLED・量子ドットLEDなどの新規技術まで、“技術トレンド”と今後の開発指針をレビュー!

狙いどおりの触覚・触感をつくる

触覚センサ、触覚提示デバイスとその技術がわかる!
そして、技術だけでなくビジネスも。強い特許・ライセンスを持つ、米国Immersion社の出願動向をも掲載。