通信講座 印刷

溶解度パラメータ(3D,4DHSP値)の基礎と
分散系における相分離性・付着性・分散性制御への応用

~高分子分散液の相分離性/付着性/接着性の制御、フィラー分散化への応用~
~粒子分散液の分散安定化のための分散剤の選択や粒子の表面改質法~

高分子溶液やポリマーコンポジットにおける相分離性/付着性の制御、フィラー分散性制御・表面改質、
粒子分散液における分散・安定性制御のための、溶解度パラメータの活用講座!
SP値・HSP値の基礎と計算法・測定法から、高分子分散液の相分離性・付着性・接着性の制御、樹脂中のフィラー分散性の制御と応用、フィラーの表面改質法、粒子分散液の分散安定化、分散剤の働きと選択指針、分散安定性試験法などについて詳しく解説します。

第1講:溶解度パラメータ(3D,4DHSP値)の基礎
第2講:高分子分散液の相分離性/付着性の制御と表面改質法
第3講:粒子分散液の分散安定化と分散剤選択および分散安定性試験法


【得られる知識】
・SP値とHSP値(3D,4D)の由来と図示化法
・原子団寄与法によるHSP値(3D)の推算と適用限界
・化合物や粒子表面のHSP値(3D,4D)測定法
・高分子の溶解/付着性の制御と応用例
・樹脂中のフィラー分散性の制御と応用例
・フィラーの表面改質法
・静電反発および立体反発安定化機構
・分散剤の働きと選択指針
・粒子分散液の分散安定性試験法
開講日 2022年11月9日 (水)
講座講数・期間 3回コース(11月9日~2023年3月中旬)
1口の受講者数 1口3名まで受講可能
受講料(税込)
各種割引特典
1口 62,700円 ( E-Mail案内登録価格 59,565円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体57,000円+税5,700円
E-Mail案内登録価格:本体54,150円+税5,415円
[1名参加も可能です]
 35,200円 (  E-Mail案内登録価格 33,440円 )
  定価:本体32,000円+税3,200円
   E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
[4名以上は、1口1人あたりの金額追加で受講可能です]
 
1人あたり20,900円(  E-Mail案内登録価格 19,855 )の金額追加で受講可能です