通信講座

マイクロカプセルの基本原理、調製方法、製品化へのポイント

~様々な分野における最適な調整法とは~

第一講 マイクロカプセルの基礎的事項
 マイクロカプセルの機能・粒径・内部構造などの全体像の把握と材料、特性の評価について解説

第二講 マイクロカプセル調製のポイント
 マイクロカプセルの肝である調製法について解説。反応装置から操作方法、最適な調製法を具体的に解説

第三講 マイクロカプセルの開発事例と応用展開
 分野ごとにおける開発事例を紹介。そこから見えてくる各分野における必要なポイントについて解説
 
マイクロカプセルの構造・機能・材料・評価・調整法など「一から学ぶ」ことが出来ます!
また工業(自己修復材・蓄熱材)食品・医薬品などの分野における開発事例を紹介致します。
様々な分野の研究開発に向けたヒントが満載な講座です!
開講日 2021年1月25日 (月)
講座講数・期間 3回コース(2021年1月25日~2021年6月下旬)
1口の受講者数 1口3名まで受講可能
受講料(税込)
各種割引特典
1口 62,700円 ( S&T会員受講料 59,565円 ) S&T会員登録について
定価:本体57,000円+税5,700円
会員:本体54,150円+税5,415円
[1名参加も可能です]
 35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 )
  定価:本体32,000円+税3,200円
  会員:本体30,400円+税3,040円
[4名以上は、1口1人あたりの金額追加で受講可能です]
 1人あたり20,900円( S&T会員受講料 19,855 )の金額追加で受講可能です
<本講座で得られる知識>

■第1講
 
・マイクロカプセルの全体像と機能
 ・マイクロカプセルの種類
 ・マイクロカプセルの特性評価法

■第2講
 ・マクロカプセル調製に必要な事前情報とアプローチ法
 ・マイクロカプセルの調製法の詳細な具体例
 ・マイクロカプセル調製法の併用によるハイブリッドシェルカプセルの調製例

■第3講
 ・マイクロカプセの応用分野に適したシェル材種とマイクロカプセルの特性
 ・マイクロカプセルの応用分野に適した調製法の具体例、
 ・ハイブリッドシェルマイクロカプセルの調製例