通信講座

「バイオ医薬品の凝集体最小化のための科学と技術」

~背景と必要性、定義と分類、発生原因、理論と分析、除去と抑制について学ぶ~

<本講座は主に抗体医薬品の凝集体に焦点を当て、
        凝集体最小化のための科学と技術に関して包括的に概説します>


 
 バイオ医薬品の急速な需要拡大に伴い、有効性と安全性が担保された高品質・高効率な製造
 技術が求められています。タンパク質であるバイオ医薬品は、不安定な巨大高分子であるため、
 製造工程中に劣化しやすく、さまざまな目的物質由来不純物が生じます。
 その中でも凝集体は、薬理作用の低下だけではなく免疫原性惹起の原因とも考えられており
 可能な限り減らすことを製造者に推奨しています。

 
凝集体についてこれから学ぶ方を中心に、既にバイオ医薬品の製造に従事している方にも参考になる講座です。
 

 第1講:凝集体最小化の背景と必要性、凝集体の定義と分類、発生する原因
 第2講:凝集化の理論、凝集体の分析法
 第3講:凝集体の除去技術、凝集化の抑制技術
開講日 2020年11月20日 (金)
講座講数・期間 1~3講(11月20日~4月初旬)
1口の受講者数 1口3名まで受講可能
受講料(税込)
各種割引特典
1口 62,700円 ( S&T会員受講料 59,565円 ) S&T会員登録について
定価:本体57,000円+税5,700円
会員:本体54,150円+税5,415円
[4名以上は、1口1人あたりの金額追加で受講可能です]
 1人あたり20,900円( S&T会員受講料 19,855円 )の金額追加で受講可能です
[1名参加も可能です]
 35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 )
  定価:本体32,000円+税3,200円
  会員:本体30,400円+税3,040円