通信講座

<<基礎から体系的に学ぶ薬機法 >>
-改正のポイントをふまえた
規制当局とのコミュニケーション方法-

 
<基本を理解することを重視し、わかりやすさに重きを置いた講座です>
 
薬機法の改正が行われる中で、薬機法の基本を学び、その改正の意味をしっかりと理解し、
     医薬品等の医療製品がより良い貢献につながるように工夫しましょう。
行政当局とのコミュニケーションをうまく進めるためのコツを身につけましょう。


 
 第1講  薬機法を理解する意義 ~全体像の把握と活用に向けた基礎~

薬機法の全体像を見た後に大事なポイントを深く解説し、薬機法にある特別な事柄についても触れます
単に法律を知るのではなく、活用していくための基礎を解説

 
 第2講  薬機法を活用するための戦略と思考 ~当局とのコミュニケーションのコツ~

薬機法を開発にうまく活用し、より良い製品を早く世に届けるための戦略を身につけます
コミュニケーションのコツは双方の努力にあり、審査をする視点についても触れます
薬機法改正が予定されている中、決して変わることのない部分をしっかりと身につけるために

 
 第3講  改正薬機法のポイント ~今日の薬機法が求めていること~

改正される薬機法の背景を丁寧に見た上で、社会との関連性を元に配慮すべき点を考えていきます。
法改正対応により、社会にどう貢献できるのか、そのコツも解説します。
今後も迫ってくる社会的な脅威に対して、何を備え、何を活用して貢献するか
この通信講座の受付は終了致しました。
開講日 2020年7月17日 (金)
講座講数・期間 全3講コース(7月17日~11月下旬)
1口の受講者数 1口3名まで受講可能
受講料(税込)
各種割引特典
1口 62,700円 ( S&T会員受講料 59,565円 ) S&T会員登録について
定価:本体57,000円+税5,700円
会員:本体54,150円+税5,415円
[4名以上は、1口1人あたりの金額追加で受講可能です]
 1人あたり20,900円( S&T会員受講料 19,855円 )の金額追加で受講可能です
[1名参加も可能です]
 35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 )
  定価:本体32,000円+税3,200円
  会員:本体30,400円+税3,040円
お申込み前に必ずご確認ください