セミナー番号:B170436(風合い評価)
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー

テキスタイル材料の風合い客観評価法の開発とその応用

手触り、肌触りの良い布や繊維とはどういったものなのか?また、それを開発するためにはどうすれば良いのか?
テキスタイル材料の風合い(手触り、肌触り)の評価手法を解説すると共にそれを応用する際の考え方を紹介する

このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2017年4月26日(水)  13:00~16:30
会場 東京・大田区蒲田 大田区産業プラザ(PiO)  6F D会議室
会場地図
受講料(税込)
43,200円 ( S&T会員受講料 41,040円 ) S&T会員登録について

定価:本体40,000円+税3,200円

会員:本体38,000円+税3,040円

【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン!(1名あたり定価半額の21,600円)】
  ※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で追加受講できます。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
   (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
  ※他の割引は併用できません。
備考資料付
得られる知識(1) 布、繊維等のテキスタイル材料の基本力学特性について学ぶことが出来る
(2) 風合いの客観評価法について学ぶことが出来る
対象・布の風合いに興味がある方
・テキスタイル(繊維)材料に関連した仕事をしている技術者、研究者、営業担当者等
このセミナーの再リクエストはこちらから

講師

カトーテック(株) 技術顧問 松平 光男 氏
【その他 肩書等】
元金沢大学教授(テキスタイル科学、被服科学担当)、テキスタイル風合い研究所代表、日本繊維機械学会フェロー、京都大学工学博士(繊維工学)

趣旨

 テキスタイル材料、とりわけ布の風合い(手触り、肌触り)は、明治に入って英国から紳士服が導入されて以来、紳士服仕立て屋(テーラー)や消費者から重要視されるようになった。戦後の物のない一時期を除いて、風合いの良い立派なスーツを着ることが紳士を目指す消費者の夢であった。一時期、合成繊維の普及と大量生産、大量消費の時代の中で風合いが軽視されることもあったが、現在では真に人間にフィットした快適な風合いが求められている。
 しかしながら、風合いを判断する専門的熟練者の不足化の中で、風合いの客観評価技術の必要性が叫ばれるようになった。川端、丹羽教授らは、風合い判断が微小な荷重レベルでの初期力学特性に基づいていることを見いだし、弊社と共同でKESシステムの設計、開発に成功した。日本繊維機械学会内に風合い計量と規格化研究委員会(略称HESC)を組織し、基本風合い、総合風合いを定義し、布の風合い客観評価法の開発に成功した。本講座ではその詳細を解説する。
 KES特性値を用いた風合い客観評価法は実に多くの分野で応用されている。例えば、シルクライクポリエステル織物の風合いがポリエステル織物に比べてどの程度天然シルク織物に接近しているかを定量的に把握可能である。仕上げ工程を経るに従い変化する布の風合いを追跡可能である。紳士用服地だけでなく、ふとん地、不織布、紙おむつ用トップシート、トイレットペーパー、毛布、タオル地、等のテキスタイル材料への応用についても紹介する。単にテキスタイル材料だけでなく、皮革、紙、ゴム、プラスチック、木材等の人間が接する材料での応用が期待されている。

プログラム

1.風合いとは
 
2.風合い計測技術の歴史
 
3.KESシステム、基本力学特性
 
4.基本風合い、総合風合いの定義
 
5.風合いの主観評価
 
6.風合い客観評価法の開発
 
7.風合い客観評価法の応用
 
8.服地以外のテキスタイルの風合い客観評価例
  (ふとん地、不織布、紙おむつ用トップシート、トイレットペーパー、毛布、タオル地など)
 
9.世界における風合い客観評価の研究

□ 質疑応答 □

関連する書籍・セミナー・通信講座・カテゴリー・特集

このセミナーの再リクエストはこちらから
▲このページのTOPに戻る