セミナー番号:B160833(タッチパネル)
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー

<車載・3D・曲面等>新用途に対応する
(可とう性)タッチパネルの技術・材料の
現状把握・課題と将来展望

~タッチパネルの種類と特長、静電容量タッチパネルの検出原理、構造~
~市場が要求する 「曲面」「可とう性」タッチセンサを実現するには~
~新規透明導電性膜、メタルメッシュ、視認性低下・貼り合わせ技術、触感付与~

注目される曲面・可とう性タッチパネルの課題、対応するための技術・材料とは
OLED用タッチパネルに必要な材料特性は?

このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2016年8月23日(火)  13:00~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  4F 第1グループ活動室
会場地図
受講料(税込)
43,200円 ( S&T会員受講料 41,040円 ) S&T会員登録について

定価:本体40,000円+税3,200円

会員:本体38,000円+税3,040円

【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン(1名あたり定価半額の21,600円)】
  ※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
  ※他の割引は併用できません。
備考資料付
キーワード:静電容量タッチパネル、メタルメッシュ、可とう性

関連する書籍・セミナー

このセミナーの再リクエストはこちらから

講師

(株)タッチパネル研究所 開発部部長 工学博士 中谷 健司 氏
【講師情報】

趣旨

 タッチパネルは電子機器の入力デバイスとして必須の部材となった。 特に静電容量タッチパネルが広く使用されている。特に曲面、可とう性タッチパネルが現在話題となっており、用途としては車載用途が注目されている。さらにOLEDの拡大につれてモバイル分野でもフォールダブルが注目されている。これらの新しい用途に対応するためにはフィルムセンサーを採用したタッチパネルが必要で、ITOに代わる透明導電性フィルムが必要である。
 本セミナーではこれらの可とう性タッチパネルの現状を紹介する。

プログラム

1.タッチパネルの種類と市場
 1.1 タッチパネルの各種方式
 1.2 タッチパネルとデイスプレイのロードマップ
 1.3 スマホ/タブレットの次の市場は?
 1.4 車載用タッチパネルの状況
 1.5 車載用抵抗膜式タッチパネルの構造と要求特性
 1.6 デジタルサイネージ市場は?
 1.7 OLED用タッチパネルに必要な材料特性は?
 1.8 タッチパネルの性能仕様は?

2.静電容量マルチタッチパネルの技術動向
 2.1 静電容量タッチパネルの位置検出の基本
 2.2 検出方法の進歩とパネル材料
 2.3 表面から見た構造
 2.4 断面から見た構造
 2.5 In‐Cell型タッチパネル
 2.6 どの型のタッチパネルが今後伸びるか?

3.可とう性・大面積静電容量タッチパネル用センサー材料
 3.1 センサーに必要な透明導電性膜の特性
 3.2 ITOフィルムの作成法、特性、課題
 3.3 ITO代替材料の候補は何か?
 3.4 メッシュフィルム用材料
 3.5 Cuメッシュフィルム(SpiderNet)の特性
 3.6 可とう性を生かしたタッチパネル
 3.7 銀メッシュフィルム
 3.8 メッシュセンサーの課題と解決法
 3.9 メッシュフィルムの作成法
 3.10 銀ナノワイヤー塗工フィルム

4. タッチパネルのプラスチックカバー材料と貼り合せ
 4.1 プラスチックカバーが必要な理由
 4.2 プラスチックカバー材料の種類
 4.3 曲面カバーなどの成型法
 4.4 カバー材料の表面処理による視認性向上
 4.5 貼り合わせに要求される特性
 4.6 貼り合せ材料の種類
 4.7 貼り合せ工程

5. その他、触感付与など
 5.1 触感付与法に何があるか?

  □質疑応答□

関連する書籍・セミナー・通信講座・カテゴリー・特集

このセミナーの再リクエストはこちらから
▲このページのTOPに戻る