特集
【特集】好評!人気講師/執筆者の紹介ページ
どんな人が講演/執筆しているの?
少しでも人柄や講演の雰囲気を事前に感じ取って頂きたく、一部の講師・著者をご紹介いたします。
シリコーン・ゴム・高分子組成物+関連素材まで網羅

■渡辺聡志 先生
材料技術研究所 
技術コンサルタント


「理論・現実のバランス感覚が素晴らしい」
「メーカーから聞けない内容を多く聞けて、とても勉強になった」
「全体的に技術に深い知識があり勉強になった」 など

その広く深い技術的知見と経験から繰り広げられる講演が好評の講師。受講者の様子を伺いながら、その都度講演をアレンジしていく講演だからこそ、二度と同じ講演は聞けません。講演後の、質問メールへの丁寧な回答もお墨付きと、アフターフォローも安心です。

セミナーだけに留まらず、書籍でも分かりやすい解説に定評があり、「書籍を読んでセミナーも受けてみたくなった」という声も寄せられています。

執筆書籍のテーマも少しづつ幅を広げていますので、
セミナー/書籍ともに新着情報チェックをお忘れなく!
救いの一冊・一講に出会えるかも。


講演予定セミナー
2017年3月9日
 「技術を踏まえて考える高分子分野の新規開発テーマ
  見つける ・ 育てる ・ 実らせる 」
2017年5月19日
 「高分子系材料の選択技術と基本的理解
2017年7月7日
 「なるほど 納得 シリコーン

執筆書籍

NEW 2016年7月28日発刊
  カーボンブラック 全容理解と配合の技術 
2015年3月25日発刊
 「 シリコーン 全容理解と活用の技術 
2013年4月25日発刊
 「 目からウロコの 導電性組成物 設計指南 
2013年3月21日発刊
 目からウロコの 熱伝導性組成物 設計指南

 

レオロジーなんかこわくない!といったらこの先生

■上田 隆宣 先生
(隆は旧字で生の上に一が入る)
上田レオロジー評価研究所 代表

「今までで最高の講師でした」「とても楽しくためになる講義でした。レオロジーに興味を持って取り組んでみたいです」「人間的にも尊敬できると思いました。」と、その話術と人柄に絶大の人気を誇る講師。知識を詰め込むだけの講演ではなく、実演やビデオなど、工夫を凝らした講演は「プレゼンとしても参考になった」との声を頂くことも。また、身近な例などの豊富なトピックは、学術的な面だけでなく、技術者としての心構えも詰まっている。そんな好評の講演をそのまま書籍に落とし込んだ「レオロジーなんかくない!数式のないレオロジー入門」は加筆を続けて第3版にまでなり、現在はebook(電子書籍)でも配布中。



講演予定セミナ
NEW! 2017年6月22日、23日
 「レオロジーなんかくわくない!
   ~数式のないレオロジー入門~(実習付き)
講演予定セミナー

執筆書籍
2016年8月30日発刊

 「 レオロジーなんかこわくない!
  数式のないレオロジー入門(第4版)
 
ebook(電子書籍)
2013年11月22日配信開始
 「 レオロジーなんかこわくない!
  数式のないレオロジー入門

 

技術・研究者向け特許セミナー専門講師

■ 鷲尾 裕之 先生
特許戦略コンサルタント兼ポリマー技術コンサルタント

特許に関するテーマにて講演いただいている講師です。初級の知的財産部員、技術・研究者、営業の方を対象に特許出願から取得まで、知識がない方にも分かりやすく解説します。

 


過去のセミナー(一部)

2015年10月23日
「目的別特許調査のための特許請求の範囲の読み方」

2016年2月4日
「じつはカンタン 技術者研究者・初級知財部員のための
 特許明細書の書き方・読み方」


2016年7月14日
「目的別特許調査のための特許請求の範囲の読み方」


2016年8月25日
「進歩性の意味本当に理解できていますか?」
 


注目・おすすめセミナー
 
▲このページのTOPに戻る