特集
【特集】自動車関連技術・材料
サイエンス&テクノロジーが贈る自動車関連技術・材料セミナー・書籍の特集です!
内燃機関の高効率化、蓄電池などの駆動電源の開発、車体軽量化に向けた樹脂・複合材料の適用など、多岐に渡る技術が結集される自動車産業! 本特集ページでは日本の基幹産業である自動車関連技術に関するセミナー・書籍をご案内しております。 情報収集・技術開発の指針・最新動向の把握にぜひご活用下さい!
[名古屋] 次世代自動車の空調&熱マネジメント
ご好評につき、2017年も「空調・熱マネ」セミナーが名古屋に登場!
駆動方式の変遷や今話題の48V化の動向をおさえながら、次世代車に求められる空調システム・熱マネジメントを知るセミナー。
自動車産業のシナリオプランニングを通じた、化学・素材企業に求められる戦略の方向性
【セミナー】
<2030年を見据えた、自動車業界のPoint of View> 今回の講座では、先ず弊社のシナリオプランニング手法と概略事例をご紹介し、その後、化学・素材産業と密接な関係を持つ自動車業界の将来シナリオから化学・素材企業への戦略方向性を示したい。
ディーゼル排気規制と対応する触媒システム
【セミナー】
小型、大型、ノンロードディーゼルエンジンについて、日、米、欧、中国の最新の排気規制を整理し、これに対応する触媒システムについて解説する。
車載用タッチパネルの要求仕様と開発動向
【セミナー】
今後の採用拡大が見込まれるタッチパネルに要求される仕様・機能とはなにか?要求に対応する技術の開発動向を4名の講師が解説します。
エンジンの熱損失低減・摩擦損失低減のための計測技術
【セミナー】
内燃機関の熱損失と摩擦損失に関して、現在の研究動向を紹介するとともに、各種熱流束センサによる燃焼室壁面の熱損失増減の実測手法、摩擦損失の実測手法を説明。さらに、関連する計測技術を独自開発したセンサや計測システムとともに説明し、検証技術の課題についても解説します。
次世代エンジンに向けた、 エンジンの高効率化原理と次世代燃焼技術
【セミナー】
エンジン熱効率や性能を支配する因子を「原理的に」理解することで、次世代エンジン技術がなぜ有望なのかを「理屈から」理解することを目的とします。エンジン高効率化の理論と、次世代エンジン技術との関係を、基礎から分かり易く説明します。
疲れにくい自動車シート開発の快適性向上・座り心地評価法
【セミナー】
自動車の乗り心地を左右する"シート"。どんな姿勢を保つよう設計すべき?路面から伝わる振動はどう制御する?製品の快適性を評価する官能評価法、その結果をものづくりに活かすためのセミナー
パワエレ高効率化への要求性能、 材料選定と技術動向
【セミナー】
今後、飛躍的に重要性が高まるパワーエレクトロニクス分野。更なる小型軽量・高効率化に向けた材料選定、設計技術、最新の技術・市場動向をつぶさに解説
48Vシステム 欧州勢の思惑と日本の技術開発の方向性
【書籍】
48Vシステムは、ますます厳しくなっていくCO2排気量規制に、どのくらい貢献するのか?
具体的な燃費改善効果を検証し、日本企業は市場参入するべきか、今後の技術開発や市場へどのように影響するかを説いた一冊
 
リチウムイオン二次電池の長期信頼性と性能の確保
【書籍】
xEVの普及により、ますます安全性が求められる車載LIB。本書では、リチウムイオン二次電池の性能を最大限に引き出し、安全に使うための製造時の注意点・電池材料・電池そのものの評価方法・安全性に関する法規制・制御例を解説した一冊。
自動車排熱回生技術 デバイス開発・システム化技術
【書籍】
●自動車メーカが考える「開発を推進すべき技術」とは?●実用化の兆しが見えてきたランキンサイクルシステムの設計コンセプト●欧州も含めた熱電デバイス開発動向と車載用システム設計の要点●ケミカルヒートポンプシステムによる排熱利用の設計コンセプト●排気熱回収器、燃料改質システム、蒸気液体ピストンエンジンの開発事例と燃費改善効果を解説。
リチウムイオン電池活物質の開発と電極材料技術
 【書籍】
LiBの高性能化に向けた新たな正極・負極活物質開発のヒントがこの一冊に!5V級Mnスピネル、リン酸バナジウム、層状酸化物、硫黄正極、シリコン・スズ系合金酸化チタン負極など次世代材料の検討例を豊富に掲載。素材選定・合成プロセス・組成調整例や、得られた特性データなどを研究者自身が解説しています。
五感で捉える自動車内装・室内空間の快適化技術大全
【書籍】
「触る、見る、匂う、聞く、感じる」人間を科学した喜ばれる自動車づくりの必読書!
居住空間としての自動車室内。市場に求められるのは消費者の感覚を刺激する【快適性】。
日本人が世界で一番こだわる内装・室内空間への快適化技術を網羅!
▲このページのTOPに戻る