特集
【特集】自動車関連技術・材料
サイエンス&テクノロジーが贈る自動車関連技術・材料セミナー・書籍の特集です!
内燃機関の高効率化、蓄電池などの駆動電源の開発、車体軽量化に向けた樹脂・複合材料の適用など、多岐に渡る技術が結集される自動車産業! 本特集ページでは日本の基幹産業である自動車関連技術に関するセミナー・書籍をご案内しております。 情報収集・技術開発の指針・最新動向の把握にぜひご活用下さい!
自動車排ガス規制の動向と試験、排ガス浄化処理
【セミナー】
排ガス試験法に関する基本的な考え方や、試験法が決められた背景、試験法に導入されている計測手法の計測原理について、知識を得ることができます。また排ガス浄化処理技術の最新技術について、情報を得ることができます。そのような話題に関連して、昨今の排ガス不正問題や、RDE試験の研究事例についても紹介いたします。
人工知能・ICTの技術動向と自動車技術への展開
【セミナー】
クラウド、IoT、ディープラーニング、機械学習、人工知能 迫りくる、自動車産業界でのパラダイムシフト!
過去2年間に於ける技術と欧米各国政府の政策等の急激な変化を解説し、今後10~20年にいかなるパラダイムシフトがクルマ産業に起こり、クルマの技術開発や事業体制に影響を及ぼし得るのか、その対策を含め概説する。
自動車用LIDAR技術と動向、自動運転への展開
【セミナー】
本講座ではセンサフュージョン技術の1つとしてカルマンフィルタを取り上げ、移動物体の状態を推定しながら追跡を行う技術について解説します。また、金沢大学が国内の大学で初の試みとして実施中の自動運転自動車の市街地における公道走行試験の現状課題についても紹介します。
自動車におけるサウンドデザインのあり方と関連技術動向
【セミナー】
自動車の価値を高める音作りとは何か?3名の専門家がそれぞれの見地から自動車におけるサウンドデザインのあり方と関連技術動向を解説する。
自動車用高圧水素タンク・CFRP複合容器の技術
【セミナー】
本講座では、燃料電池自動車に水素を供給するシステムを構成する、燃料電池自動車搭載用、水素ステーション蓄圧器用水素貯蔵用高圧容器の要求仕様、関連する技術基準、各種高圧容器の製造方法、要求仕様、各種高圧容器の設計・開発動向と技術課題について解説する。
自動車パワートレインの電動化と48V電源システム
【セミナー】
~世界の自動車環境規制とパワトレ周辺技術、48V化を俯瞰する!~

自動車の心臓部、パワトレ周辺技術の現状と今後の流れを把握する!自動車環境規制に対処すべく、ますます求められる自動車技術の今後の展望とは!
車載用カメラ/ナイトビジョンカメラの技術動向
【セミナー】
ナイトビジョンカメラの特徴及び注意点やカメラの評価方法などを紹介します。特に、ナイトビジョンカメラをこれから開発される方やカメラを評価導入される方などが、必要とされる内容です。また、現在の国内外の市場動向や国内でのカメラの開発状況なども紹介いたします。
制振・遮音・吸音材料と自動車室内の振動・騒音
【セミナー】
自動車における騒音・振動の低減に向けた、材料からのアプローチ!
車室内騒音に対する制振材・吸音材・遮音材のはたらきとその効果、および制振材の貼り付け位置や吸遮音材の構造を適正化する手法について見識を深めていただくことを目的とし解説いたします。
ITS・車車間通信・運転支援へ車両情報共有技術
【セミナー】
ITS(高度交通システム)時代に向けた、車車間通信システムの基礎と各種規格とは?
ITSにおける車車間通信システムの基礎と各種規格への理解。運転支援システムのための車両情報共有性能の普及率特性の評価技術。 を学ぶことができる講座です。
次世代自動車市場展望とリチウム資源の需給
【セミナー】
 世界的に環境規制が厳格化しており自動車産業に大きな影響を与えている。
 電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)、プラグ・イン・ハイブリッド車(PHV)、天然ガス自動車、低燃費ガソリン車等などの次世代自動車の市場を展望すると共に、電気自動車需要の高まりでひっ迫感のあるリチウム資源の需給・価格動向に関しても、資源・エネルギーの研究者として知られる講師が解説する。
車載カメラとレーザレーダ:センサフュージョン技術
【セミナー】
 自動運転に向けて、より信頼性の高い物体認識手法が求められています。そのためには、車載カメラとレーザレーダによるセンサフュージョン技術が本命と思われます。本講では、車載カメラに必要とされる画像処理アルゴリズムの基本と、レーザレーダによる物体認識手法を述べ、更に両者を融合するセンサフュージョンについて解説します。
自動車マルチマテリアル化、接合技術と車体構造
【セミナー】
 最近拡大している自動車の車体のマルチマテリアル化の動向、材料の適材適所の考え方、すなわちどこの部位、どの材料を適用するのがよいのかを解説するのと、キー技術である接合技術について、同種材、異種材接合について紹介するとともに課題等について説明する。さらに、今後の動向として、材料、接合、構造について説明する。
48Vシステム 欧州勢の思惑と日本の技術開発の方向性
【書籍】
48Vシステムは、ますます厳しくなっていくCO2排気量規制に、どのくらい貢献するのか?
具体的な燃費改善効果を検証し、日本企業は市場参入するべきか、今後の技術開発や市場へどのように影響するかを説いた一冊
 
自動車排熱回生技術 デバイス開発・システム化技術
【書籍】
●自動車メーカが考える「開発を推進すべき技術」とは?●実用化の兆しが見えてきたランキンサイクルシステムの設計コンセプト●欧州も含めた熱電デバイス開発動向と車載用システム設計の要点●ケミカルヒートポンプシステムによる排熱利用の設計コンセプト●排気熱回収器、燃料改質システム、蒸気液体ピストンエンジンの開発事例と燃費改善効果を解説。
リチウムイオン電池活物質の開発と電極材料技術
 【書籍】
LiBの高性能化に向けた新たな正極・負極活物質開発のヒントがこの一冊に!5V級Mnスピネル、リン酸バナジウム、層状酸化物、硫黄正極、シリコン・スズ系合金酸化チタン負極など次世代材料の検討例を豊富に掲載。素材選定・合成プロセス・組成調整例や、得られた特性データなどを研究者自身が解説しています。
五感で捉える自動車内装・室内空間の快適化技術大全
【書籍】
「触る、見る、匂う、聞く、感じる」人間を科学した喜ばれる自動車づくりの必読書!
居住空間としての自動車室内。市場に求められるのは消費者の感覚を刺激する【快適性】。
日本人が世界で一番こだわる内装・室内空間への快適化技術を網羅!
▲このページのTOPに戻る